アホのめぐみ

お笑い・コメディ・天然生活・双極性障害・ガンを約3か月で治す・受験に勝つ心作り・心の子育て・癒し・幸せ・セラピー・政治 ・世界情勢・ミステリー、まだまだありますが、笑顔になってほしいから書いてるブログ

【加計問題】  「真相深入り 虎の門ニュース」  参議院議員 青山繁晴 2017.06.27  書き起こし

 
  
文科省天下りで前川さんも山中さんという事務次官も大使をなさっておいしい生活をしていました。
大使は生活費は全くいらなくて給料全てを貯金できます。
だから、外務省は利権の多い役所にお金をばら撒きます。
コックさんも外国の人をおもてなすという理由で費用は国費負担。
 
こうゆう天下りと獣医をめぐる問題とはつながっています。
 
このようなことを審議する閉会中審査なら意味があると思う。
 
 
 
 
 
先日文部科学省のある方が、教育指導要領が改正したことを教えてくれた。
 
 
領土における学習指導要領を、文科省が下記のように変えました。青山さんの訴えてきたことが結果として現れたのです。
 
尖閣諸島竹島北方領土は日本のものだと子供にわかるように教える。竹島においては日本の漁民が近づいたら殺されたことがある。不当占拠が行われている。
 
 
日本の立場が歴史上も国際法上も正当であること、
平和的な手段による解決に向けて努力していることを、国家主権と関連付けて理解できるようにする。」
 
 
 
 
青山さんのコメント
 
 
「国家主権」というものを学校で教えてこなかった。領土、領海、領空を守る、国際法上の神聖な権限があって、国民はそれによってのみ生きるんだ、領土を失って生きる国民はいないということを教えるべきだと言ったら、このようになった。
 
これを小学校、中学校と段階を踏んで教える。
 
 
 
 
この学習指導要領は、僕が初めてやったのではなく、旧文部省の中の旧文部省系のキャリア官僚の良心派の若手官僚たちがこれを福田康夫政権でこれをやろうとして、当時の文部科学大臣は渡海紀三郎さんという自民党の中ではリベラルに属する人で、国家主権や領土の問題はリベラルとは別だと言ってこれをやろうとしたら、福田康夫総理から呼び出されてストップがかかった。
渡海大臣は悔しくて男泣きをされていた。
 
 
中国や韓国を死刑?にするようなことをやってはいけないというような趣旨の事を福田康夫総理から言われた。
 
だから、この時作った指導要領はいったん潰れてしまった。その時に役所の中で潰すのに中心的に働いたのが前川氏だ。
 
 
前川「お前は右翼か!文部省は敗戦後こんなのを認めないでやってきた!右翼!」
 
とめちゃくちゃに若手官僚は叱られました。
  
 
だから、日教組と癒着をし、自由民主党の中でも福田康夫を含めて、そういうところとガッチリつながっている。
だから、そういう勢力は、徹底的に反安倍総理
こんな学習指導要領を認める安倍内閣
安倍総理推し進める憲法改正なんか絶対認められない。
 
 
 
これが加計、森友の奥にある一番大きな敗戦後72年間ずっと支配してきた流れです。
正体はこれなんです。だから前川さんは自信たっぷりなんです。
 
 
 
新宿歌舞伎町の「ラブオンザビーチ」という出会い系バーで、暴力団の経営です。
 
ここのシステムは売春に直結しています。そう警視庁が考えている。
管理売春です。ここに前川次官と元の事務次官が一緒に通っていた。
これが貧困の実態調査というが、メディアはこれが文科省の仕事か?と一斉に書かなくてはいけない。
 
 
 
上司に言われて労働省に行かされた時に、連合という組合ができて、初代会長に山岸昭さんがなっていた。
小沢さんと組んで非自民党政権を作ろうとしていた。
 
山岸さんはつつましく生活していた。
そして山岸さんは今の憲法でいいわけがないと言われていたが反対にあっていた。
日教組自治労と言った既得権益を守るようにと反対勢力から攻撃を受けていた。
 
山岸さんを追い落とそうとする連中が組合費を流用してどんどん女を買って酒を飲んでいる。
だから実態を調査してくるように(上司から 青山さんは)言われた。
 
自治労の後藤森重さんという委員長にどのくらい歌舞伎町の店に行っているか本人のデータを見せた。
ポケットマネーで済むような金額ではない。
自治労が組合費を不正に使っていたという事件が明るみに出た。
後藤さんは法人税法違反で在宅起訴された。
事件にならなかった人たちがたくさんいます。その店やつながりなどで文部省の役人がそこに行ってて、買春などをしている例もあり、(それらの事を暴力団?に)しっかり握られている。
 
前川さんだけではなくこういうことが面々と続いていて、しかも、こういう事をやったことがある人ではないと次官にはなれない。
 
きれいな人がなると追及されるおそれがあるから。
 
科学省の人たちは調べた限りにおいて汚れていない。
 
安倍政権は一代ごと交代で文部省と科学省を交代でトップをやらせるので、文部省の人たちは困る。
 
 
 
 
前川さんが幹部になってからやたら文章がリークされる。
リークしたのは全て女性記者。
メディア、政治家、官僚にもいるが、女性だと渡してくれる人の場合は、担当者を女性にかえて、情報をもらうことにしている。
 
前川さんが幹部になったら周りの多くが女性記者になったという事実がある。
 
闇の勢力はこういうのに敏感で、女性に弱いのかお金に弱いのかはあっという間につけることができる。
 
 
その中で、「ラブオンザビーチ」
こういうことは事件になるべき要素をたくさん含んでいます。
森友学園の籠池理事長に強制調査が入ったら、記者会見で正当性を主張していた。
もし司法がゆがめられるのであったら、国の一番大事なことを失うことになる。
小沢一郎さんに対する裁判で無罪になった。
これによって検察の権力を弱くしたために、どれだけ喜ぶ汚れた人たちがいるかということを冷静に見なければいけない。
 
森友、加計と続いている問題は敗戦後の日本をずっと続けるんだという、歌舞伎町で人の金で飲むということも含めて、既得権益を守るということが、この通常国会で長く支配したという事を考えると臨時国会を始める方がいいとはならないと思います。