テンのめぐみ

笑い・双極性障害・ガンを約3か月で治す・受験に勝つ心作り・心の子育て・幸せ・セラピー・世界情勢・スピリチュアル、まだまだありますが、笑顔になってほしいから書いてるブログ

笑い・双極性障害・ガンを約3か月で治す・受験に勝つ心作り・心の子育て・幸せ・セラピー・世界情勢・スピリチュアル、
まだまだありますが、笑顔になってほしいから書いてるブログ

中国の脅威・中国人による日本人の大虐殺「通州事件」・歴史教育はゆがめられている! 

 
 
【真相深入り 虎の門ニュース】2017.08.022 櫻井よしこ百田尚樹

 

 
 
【中国問題】
 
中国が南沙諸島で新たな埋め立ての計画をしている。
 
岩礁に7つの人工島を造成し埋め立てを完了したと言われますが、
 
さらなる軍事拠点構築を視野に入れている可能性があります。
 
 
 
 
 
外交ルートでフィリピンが中国に抗議すると言いますが、日本もずっと尖閣に入られていて抗議はしても無効に終わっている。
中国が抗議を無視して入り続けていると実効支配をしているという事になり中国の領土と見なされる。
 
 
 
 
 
地球全体を取り囲む中国の大戦略が出来上がっています。国際法を無視しています。これに対する政策をアメリカはとっていません。
 
 
 
中国は南シナ海に入り、マラッカ海峡を通りインド洋に出ます。マラッカの沖に人工島を建設中(500ヘクタール)。
これは一大軍事拠点になります。日本はそこを通れなくなります。
 
マレー半島に沿って北上するとバングラディッシュミャンマーにつきます。この両国に中国の拠点があります。
 
スリランカの港も中国が抑えている。
 
パキスタンの港も抑えている。
 
アラビア半島の下の紅海の入り口に基地を作りました(モブチ)。中国の初めての海外の軍事基地です。
 
スエズ運河の先が地中海です。ギリシャの一番大きな軍港を抑えている。
 
 
 
海の一帯一路の通路です。全部抑えたという事です。
 
日本海の日本の出入り口も抑えている。北朝鮮のラジンです。
 
津軽海峡を通り北極海にも進出している。
 
そしてバルカン半島からギリシャに至る。つまり覆ってしまっているという事です。
 
中国の戦略はすごい形で進んでいます。
 
 
 
 
 
これに対する戦略を日本もアメリカもできていない。
日本もアメリカも揺れているので、中国は今がチャンスだと思っている。
 
日本国は自分で自分を守れる国にしようと目覚めなければいけません。早く手を打たなければいけません。
 
 
 
宇宙船も持っていて地球で届かないところまで来ています。
宇宙、地上、海上、深い海の中も。上から下への縦のせんでも支配しようとしています。
 
 
 
 
 
しかし、日本人は中国に対してあこがれをもっています。三国志は日本が作った文化だと言ってもいい。
 
今の中国は違います。
 
 
 
 
中国は政権が変わるごとに民衆の大虐殺をしてきました。
刑罰も世界一の残虐性を持っています。
庶民を人間扱いしません。
 
 
 
 
 
 
このような事件は近代世界史を見渡してもありません。人の世の中とは思えない残虐な殺され方をした。
 
日本人はこの歴史を教わっていない。中国はこの事件をなかったことにしようとし、この跡地をきれいに直して隠している。中国の思うツボ
 
加藤康夫著「慟哭の通州」という本をお書きになっているので是非読んでください。
 
中国は日本を責めるために史跡を残したり、偽物を作ったりしていますが、通州に関しては隠します。
 
これから歴史戦がもっと厳しくなるので中国の歴史をちゃんと知ってほしい。
 
 
 
 
 
中国では日本人を殺すために洗脳していて、70%の人が殺せるとアンケートに答えました。
放映されている抗日ドラマの内容がここ10年で変わってきた。いかに日本人を残虐にころすか、というのが入ってきている。
 
 
民族的に恨みを持っていない国に対しても、多々侵略し虐殺して占領している。
 
 
「今戦わないでいつ戦うの!という時代です。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「イギリスのケンブリッジ大学の出版局はwebサイトに記載されている天安門事件や、チベット関連の論文など300点以上を中国の要請を受けて、中国国内のアクセスを遮断する処置を取りました。
中国の情報統制が海外にも波及しました。」
 
 
 
これも中国の世界戦略の一環です。
 
ケンブリッチが政治的圧力に負けた。お金も動いているでしょう。価値観の違う国との戦いの真っ只中にいると思います。
 
 
 
この時に私たちに降りかかってくるのは歴史問題です。
歴史問題に関して欧米は日本に厳しい。
慰安婦や徴用工をなぜ否定するのかと、否定する人に対して極右扱いをする。
事実を言っているだけ。国際法違反はいていない。
 
欧米は世界で強い力を持ち知的リーダーでもあります。
真実の歴史を伝え続けないといけない。
 
ケンブリッジのこういった姿勢にどう対処していいかわからない。
 
 
 
世界が中国のうそに騙されて日本を非難している。
日本人も騙されている。これは朝日新聞のウソに騙されている。
 
日本人は慰安婦を強制連行した。
南京で大虐殺した。
これは朝日新聞の捏造記事です。
 
 
 
 
 
学校で正しい歴史を教えてない。日教組の先生は学校で日本の悪い事ばかりを教えてきた何十年の歴史があります。日教組はひどかったです。
 
 
産経新聞の人に聞きました。
 
三重県の指導要項には、日本が戦争中にアジア諸国に行った悪行の数々を子供たちに教えて贖罪意識を与える、と書いてある。
子供たちの感想文には、日本人に生まれたくなかった。日本人でいる事が恥ずかしい。お爺さんの世代がこんなひどいことをしたとは思わなかった。
などなど書いてあったそうです。
 
これを見た時にこの国はもうダメだと思ったそうです。
 
 
 
戦争中は外国もそうだが、日本も必ずや清廉潔白ではなかった。暗いところもあったかもしれない。
でもこれは大きくなってから勉強すればいいんで、無垢な小学生に教えるべきことは、
人間のすばらしさ、日本という国家の偉大さ、お爺さんお婆さん、お父さんお母さんの素晴らしさです。
 
日本人でよかった。日本を愛していこう。という事を教えるべきです。
 
日本の教育の根本が間違っていると思います。
 
 
 
こういった教職員がいじめをなくそうとする前に、自分たちは誇り高い日本人である、自分たちは優れた子供である、と教えるべきで、こういう意識さえ持っていたらいじめはなかなかできなくなる。
 
 
 
 
ヨーロッパの人たちが中国に遠慮している。
このことが国連のユネスコで日本に対する登録の推進力になる。
イギリスも参加して、中国、韓国、北朝鮮とか8つの国(申請国)が、慰安婦問題をユネスコに登録しようとしている。
 
ケンブリッジの問題と、ユネスコ登録問題はいろんな所につながっています。
 
欧米にも正しい日本の歴史を認識してもらわなければいけない。今やらなければいけない。分かれ道にきています。
 
 
慰安婦南京大虐殺、徴用工、これは全て朝日新聞が作った話つまり嘘です。
これらを記事にする前は中国も韓国も何も言わなかった。記事を使って外交カードにした。
この国際問題は朝日新聞が火をつけて作りあげたものです。
 
これが今世界の中で日本を苦しませています。朝日新聞には責任を取らせなければいけない。
 
 
 
加計問題も元愛媛県知事が全てを暴露し、前川氏が嘘をついていて、総理は全くの白というところを載せなかった。
 
福島大原発の吉田所長に関するウソ。
 
朝日新聞は社をあげて謝罪したはずなのに全然反省していない。
 
 
 
いまだに騙されている日本人がいます。朝日新聞しか読まない人たちがいるから。できたら、朝日と産経を読み比べてどちらがいいのか感じてほしい。比べ読んでほしい。
 
 
朝日新聞は赤字。有楽町のマリオンという不動産を持っているので保っている。
安倍バッシングで家計問題では前川さんの事ばかり報道して、元愛媛県知事の加戸守行さんの事を報道しなかった。
一方的な報道しかしないのはメディアとしての資格はない。
朝日は家計問題に関して捏造すれすれの報道をしていた。
朝日新聞が倒れるか、安倍政権が倒れるかどちらかだ!」と朝日の人が言っていた。新聞の枠を超えた活動団体です。
 
従軍慰安婦の記事が間違いだったという訂正記事を載せてから売り上げが急落した。
 
 
 
 
 
 
もっとひどいのはNHK。受信料を強制的にとっているくせに、国民がサポートする公共のメディアとして、反対意見も賛成意見もバランスよく伝える責任があるのにやっていない。
 
見る側が要請をする組織を立ち上げたらいいのでは。
見たくない人は大勢いるはず。NHKにチャンネルを合わせても見られないスクランブルを入れ、このスクランブルを入れました、NHKは見ませんという人には受信料は払わなくてもいいというシステムをつくるべき。
 
 
テレビだけ見ている人に比べて、ネットの視聴者はレベルが高い。色んなニュースを拾う事ができるから。
地上波の波を国が割り当てて、テレビ局の特権として自分たちがやっていますが、この特権を取り払う。そして誰でもテレビ局を作れるようにする。
地上波の世界にネットの世界にあるような公正な競争の原理を導入する。
 
 
ワイドショーなどで、本質が見えない人が発言し流れを作っているのはとても危険です。見たくない人は違う番組などの選択肢があるようにしてちゃんとした情報を取れるようにするテレビの仕組みを作らないといけない。
 
 
 
2009年、政治不信、政権交代と朝からずっとテレビで流して、民主党政権が誕生した。テレビが政治を変えた。
これと同じことがこの前の都議選でも起きました。都民ファーストが圧勝しました。
 
今の政治を動かしているのはワイドショーです。テレビの自由化が起きればこれは解決する。
岩盤規制を打ち破る。
 
戦争するように煽ったのは毎日と朝日新聞だった。号外まで出した。
世論を煽って国を危うくしている。反日勢力の中国なのに親中姿勢である。
 
 
 
 
 
憲法9条改正は
 
戦争をしたいためではなく
 
日本をどう守るか
 
という事で考えているのに
 
それをメディアは潰そうとしている。
 
潰すと中国と韓国が喜ぶ。
 
 

 

 

 

 

 

 

参考;「坂東忠信の日中憂考」より「国民主権情報防衛戦 偏向マスコミのつぶし方」

http://taiyou.bandoutadanobu.com/?month=201707