アホのめぐみ

お笑い・コメディ・天然生活・双極性障害・ガンを約3か月で治す・受験に勝つ心作り・心の子育て・癒し・幸せ・セラピー・政治 ・世界情勢・ミステリー、まだまだありますが、笑顔になってほしいから書いてるブログ

お笑い・コメディ・天然生活・双極性障害・ガンを約3か月で治す・受験に勝つ心作り・心の子育て・癒し・幸せ・セラピー
政治 ・世界情勢・ミステリー、まだまだありますが、笑顔になってほしいから書いてるブログ

GHQが定めた30項目の報道規制・在日のマスコミ浸透

 

 

日本の強さに恐れをなしたGHQは、弱体化させるさせるためにマスコミ対策をしました。

それが、これです。

 

 

 

GHQが定めた30項目の報道規制

 

① SCAP(連合国軍最高司令官もしくは総司令部)に対する批判

 

② 極東国際軍事裁判批判

 

③ GHQ日本国憲法を創案したことに対する批判

 

④ 検疫制度への言及

 

⑤ アメリカ合衆国への批判

 

⑥ ロシア(ソ連)への批判

 

⑦ 英国への批判

 

⑧ 朝鮮人への批判

 

⑨ 中国への批判

 

⑩ その他連合国への批判

 

⑪ 連合国一般への批判

 

⑫ 満州においての日本人の取り扱いについての批判

 

⑬ 連合国の戦前の政策に対する批判

 

⑭ 第三次世界大戦への言及

 

⑮ 冷戦に関する言及

 

⑯ 戦争擁護の宣伝

 

⑰ 神国日本の宣伝

 

⑱ 軍国主義の宣伝

 

⑲ ナショナリズムの宣伝

 

⑳ 大東亜共栄圏の宣伝

 

㉑ その他の宣伝

 

㉒ 戦争犯罪人の正当化及び擁護

 

㉓ 占領軍兵士と日本女性との交渉

 

㉔ 闇市の状況

 

㉕ 占領軍軍隊に対する批判

 

㉖ 飢餓の誇張

 

㉗ 暴力と不穏の行動の煽動

 

㉘ 虚偽の報道

 

㉙ GHQまたは地方軍政部に対する不適切な言及

 

㉚ 解禁されていない報道の公表 

 

※「まだGHQの洗脳に縛られている日本人」ケント・ギルバート著より

 

 

 

 

 

 

今、マスコミは、「㉘ 虚偽の報道」だけ全く守っていません。

 

 

この報道規制で恩恵を被っているのは韓国と北朝鮮と中国です。

凄惨な事件がありましたが、報道されていません。

 

朝鮮人への批判、中国への批判をすと大騒ぎする原因の一つはこれだと言っている論客がいます。

 

また、日本人が日本人を擁護すると、最も批判するのはマスコミです。

 

 

 

 

 

 

【在日のマスコミ浸透工作】

 

 

マスコミの一部には上層部に在日や左翼がいます。

下の人たちは反発できないでいます。

それはというとクビや左遷を恐れている事と、高給をもらっているので、転職すると収入が大幅に減るからです。

仲間同士で在日に対する批判もできません。通名で仕事をしていて、韓国名ではないので、誰が在日なのかわからないからです。

 

就職できるのは一流大学出身者で、一流大学の教授は左翼が多いため左翼思想を持っている人が多いのです。

 

 

 

 

またテレビ局には「在日枠」というのがあります。毎年一定数の在日がマスコミに潜り込んでいます。

 

在日のマスコミ浸透工作は1960年台から始まったようです。

記事にいちゃもんをつけて、下劣な抗議行動をし続けました。集団抗議による業務妨害、暴力、威嚇などをしてマスコミ各社に採用枠を認めさせました。

 

 

その在日たちが人事に影響を及ぼすようになって、在日の部下を昇進させたり重要なポストにつけたりしています。

ですから多くのメディアが在日に半ば乗っ取られた形になっています。

 

 

 

f:id:megumimtan:20170913183801j:plain

※参考書籍 「共謀罪と日韓断交 余命三年時事日記」余命プロジェクトチーム著

この書籍は余命三年を言い渡された著者が韓国の暴露をしようと書かれたもので、書店にはなかなか売っていません。売っていても片隅とか店員に聞くと裏から出してくれるという本です。

 

初代余命さんはお亡くなりになり、今は何代目かはわかりませんが遺志を継いだ方が書き続けてくださっています。確か5冊になります。