テンのめぐみ

笑い・双極性障害・ガンを約3か月で治す・受験に勝つ心作り・心の子育て・幸せ・セラピー・世界情勢・スピリチュアル、まだまだありますが、笑顔になってほしいから書いてるブログ

笑い・双極性障害・ガンを約3か月で治す・受験に勝つ心作り・心の子育て・幸せ・セラピー・世界情勢・スピリチュアル、
まだまだありますが、笑顔になってほしいから書いてるブログ

日本の助成金、補助金は中国人に使われている。授業料なし?医療費も補助、家賃も補助。いい加減にしろ!

 

 

 

年末になると町内会から、赤い羽募金が回ってくる。

 

 

つかいみちを見る

地域福祉活動のための募金

共同募金は、都道府県ごとに行われています。災害の時などの例外を除き、集まった募金はその県内で使いみちが決められます。つまり、寄付した皆さんの地域で役立てられている募金です。

共同募金は、社会課題を解決するための活動や、様々な地域課題を解決するための活動を行う団体に対して助成されます。

毎年、およそ5万3千件の地域福祉活動に総額約160億円を助成

共同募金会では、共同募金に寄せられた募金を、毎年、全国のおよそ5万3千件の地域福祉活動や草の根のボランティア活動支援活動に助成しています。助成総額は、毎年160億円以上に上ります。

詳しい助成統計はこちら 

共同募金 平成27年度 分野別助成内訳(単位:千円)

助成分野 件数 実績額 構成率
(1)住民全般を対象とした事業 16,776 6,855,513 42.8
(2)高齢者を対象とした事業 13,315 3,604,166 22.5
(3)障がい児・者を対象とした事業 10,608 2,312,156 14.5
(4)児童・青少年を対象とした事業 10,289 1,911,393 11.9
(5)その他困りごとのある人※ 1,914 881,076 5.5
(6)災害等被災者 371 444,482 2.8
合計 53,273 16,008,886 100

※その他困りごとのある人
「生活困窮世帯、ホームレス状態の人、DV被害者等」

 

 

 

 

 

 

 

第2次安倍内閣の柱は、

・経済改革

・教育改革  でした

 

 

 

 

 【教育改革について」

 

 

文部科学大臣を任命されたのは、下村博文氏です。

下村氏は幼い時に父親を事故で無くされて、苦学して早稲田を卒業されました。

ですから、教育に関心があって、議員になられたのもそれが目的でした。

 

就任された時に書かれた、「新・教育論」では、

親のない子にも勉強の機会を与えるためにその制度を作る、とありましたが、失礼ですが、世の中の認識が足りないと思います。

 

 

進学できない理由は、親がいない、下村さんのような人だけではありません。

 

1)経営が傾いて大借金があり、子供が働いて返さなければいけない場合

2)親が病気で医療費もかかり、子供が働かなければいけない場合

などです。

 

親がいないより、1.2の方が赤字は大きいし、精神的にも厳しいです。

こういう人に対する救済措置や、救済制度を考慮したほうがいいのではと思います。

 

 

しかし、経済的に困窮していても大学によっては通進学部があります。寄付や制度がなくても、本人の意志で勉強はできると思います。

 

 

 

 

息子は通信だったのですが、卒業証書には通信学部とは書いてありませんでした。

年学費は20万でした。

スクーリングと試験は年に数回の日曜のみ。

後はレポート提出です。

学ぼうと思ったら仕事をしながら学べると思います。

学歴がほしい場合も十分だと思いますが、各大学に問い合わせてください。

ちなみに息子の友達は、慶応の通信学部です。

 

 

 

このような事も分ったうえで、認識をもって制度改革をしてほしいと思います。

 

全てを認識したうえで、制度を作るべきだと思うのです。

 

 

 

 

 

親がない子に対するものは上記の1)2)の人たちに対するものより多いです。何歳までかはわかりませんが、

・遺族年金
児童扶養手当
・児童育成手当
・住宅費助成制度
ひとり親家庭等医療費助成制度(マル親)

 

 

 

 

自治体が赤い羽募金だけを指示するのではなく、多くの援助すべきものの中から自由選択して寄付できるようにすべきではないかと思います。

 

 

 

 

日本人学生より中国人学生を優遇しています。

これを即座にやめてほしいです。

福田康夫氏、ある政党が関与していることの事です。

 

特亜留学生優遇政策‐1

--------------------------------------------------------------------------------

【中国人留学生への優遇実態】 
1) 奨学金 
 月額142,500円 (年171万円)


2) 授業料 
 ▽国立大学 
  全額免除 
 ▽公立・私立 
  文科省が負担 
  (年52万800円:現時点)


3) 渡航旅費/航空券支給 
 (例、東京―北京:111,100円)


4) 帰国旅費 
 奨学金支給期間終了後、所定の期日までに帰国する場合は航空券を支給(渡航旅費と同じ)


5) 渡日一時金支給 
 25,000円


6) 宿舎費補助 
 月額9,000円または12,000円 (年14.4万円)


7) 医療費補助 
 実費の80%支給


上記、1)~6)の合計額は年262万円。4年間いるとして1048万円。 
しかも、返還不要。 
この日本人を蔑ろにした上での異常優待がなぜ勝手に決められ、問題視されないのか。


留学生総数を10万人として計算すると負担総額はいくらになるか。10万倍してみるといい。

 

--------------------------------------------------------------------------------

特亜留学生優遇政策‐2

--------------------------------------------------------------------------------

日本政府は今後、中国人留学生を30万人に増やすつもりだ。 
貸与の奨学金すら支給されず、大学や大学院への進学を断念する日本人が多くいるなかで、この優遇はなんなのか。 
誰がこんなバカなことをやらかしているのか。


【大使館推薦による日本政府奨学金募集要項】 
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/ryugaku/boshu/08031212/001.pdf


※入学検定料、入学金、授業料は日本持ち。宿舎は日本が用意。奨学金として月額134,000円支給(年160.8万円)。返還不要。


【往復航空券支給~国費留学生制度の詳細】 
(独立行政法人 日本学生支援機構
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/gijiroku/007/030101/3-2.htm


【平成19年度外国人留学生在籍状況調査結果】 
http://www.jasso.go.jp/statistics/intl_student/data07.html

 

--------------------------------------------------------------------------------

特亜留学生優遇政策‐3

--------------------------------------------------------------------------------

【留学生総数】 
1) 平成18年5月1日現在 
 中国人:74,292人(全体の63.0%) 
 韓国人:15,974人(全体の13.5%)


2) 平成19年5月1日現在 
 中国人:71,277人(▲3,015人(▲4.1%)減) 
 韓国人:17,274人(1,300人(8.1%)増)


中国人や韓国人は、日本人の税金を恵んでもらい、祖国に貢献している。 
中国人は日本人の血税で、日本で「反日活動」をやり、祖国に帰ると英雄面出来るそうだ。


※留学生への支給額は、ウェブ上の資料と比較すると若干異なるので注意。

 

 

 

 

  

 

 

これをご存知でしょうか?反日の国民を教育しているのです。国に帰ったら、強い反日になるそうです。

親日なのでは?と疑いをかけられ、それを覆すためにです。

 

日本に残って就職した場合、重要なものを中国に持ち帰れかもしれません。

 

西川史子さんが言っていましたが、東大医学部の大半が中国人だそうです。

 

 

 

 

世界がもし100人の村だったら

 

世界には63億人の人がいます
もしそれを100人の村に縮めると
どうなるでしょう。
100人のうち

52人が女性です
48人が男性です

30人が子どもで
70人が大人です
そのうち7人がお年寄りです

90人が異性愛者で

10人が同性愛者です

70人が有色人種で
30人が白人です

61人がアジア人です
13人がアフリカ人
13人が南北アメリカ
12人がヨーロッパ人

あとは南太平洋地域の人です

33人がキリスト教
19人がイスラム
13人がヒンドゥー教
6人が仏教を信じています
5人は、木や石など、すべての自然に霊魂があると信じています
24人は、ほかのさまざまな宗教を信じているかあるいはなにも信じていません

17人は中国語をしゃべり
9人は英語を
8人はヒンディー語ウルドゥー語
6人はスペイン語
6人はロシア語を
4人はアラビア語をしゃべります
これでようやく、村人の半分です
あとの半分は
ベンガル語ポルトガル語
インドネシア語、日本語
ドイツ語、フランス語などをしゃべります


いろいろな人がいるこの村では、あなたとは違う人を理解すること
相手をあるがまままに受け入れること
そしてなにより、そういうことを知ることがとても大切です

また、こんなふうにも考えてみてください。
村に住む人びとの100人のうち
20人は栄養がじゅうぶんではなく
1人は死にそうなほどです
でも15人は太り過ぎです

すべての富のうち
6人が59%をもっていて
みんなアメリカ合衆国の人です
74人が39%を
20人が、たったの2%を分けあっています

すべてのエネルギーのうち
20人が80%を使い

80人が20%を分けあっています

75人は食べ物の蓄えがあり
雨露をしのぐところがあります
でも、あとの25人は
そうではありません
17人は、きれいで安全な水を飲めません

銀行に預金があり 

財布にお金があり
家のどこかに
小銭が転がっている人は、いちばん豊かな8人のうちの1人です      

自分の車をもっている人は      

7人のうちの1人です
      

村人のうち      

1人が大学教育を受け      

2人がコンピューターをもっています
けれど、14人は文字が読めません

もしもあなたが
いやがらせや逮捕や拷問や死を恐れずに
信仰や信条、良心に従ってなにかをし、ものが言えるなら

そうではない48人より恵まれています

もしもあなたが
空爆や襲撃や
地雷による殺戮や
武装集団のレイプや拉致におびえていなければ
そうでない20人
より恵まれています


1年の間に、村では1人が亡くなります
でも、1年に2人赤ちゃんが生まれるので
来年、村人は101人になります

もしこのメールを読めたなら、この瞬間、あなたの幸せは

2倍にも3倍にもなります
なぜならあなたには、あなたのことを思ってこれを送った
誰かがいるだけでなく、文字も読めるからです

けれどなにより
あなたは生きているからです
昔の人は言いました
巡り往くもの、また巡り還る、と

だからあなたは
深ぶかと歌ってください
のびやかに踊ってください
心をこめて生きてください
たとえあなたが、傷ついていても
傷ついたことなどないかのように
愛してください

まずあなたが愛してください
あなた自身と、人がこの村に生きているということを

 

もしもたくさんのわたしたちが
この村を愛することを知ったならまだ間にあいます
人びとを引き裂いている非道な力からこの村を救えます

 

きっと

 

 

 

 

赤い羽をやめて、世界の悲惨な人に寄付すべきだと言ってるのではありません。

 

助けたいと思うところに、自由意思で選択し寄付するのがいいと思っているんです。