アホのめぐみ

お笑い・コメディ・天然生活・双極性障害・ガンを約3か月で治す・受験に勝つ心作り・心の子育て・癒し・幸せ・セラピー・政治 ・世界情勢・ミステリー、まだまだありますが、笑顔になってほしいから書いてるブログ

温めてくださいね。ガンを殺す免疫細胞が活性化しますから。

 

 

意外だと思われるかもしれませんが、ガンは毎日5000個生まれているんです。大人は10000個と言ってる人もいました。

 

そのガンを免疫細胞が殺してくれているんです。リンパ球の中のNK細胞(免疫細胞)がガン細胞を殺してくれています。

 

でも、体温が1度下がると免疫力が37%落ちてしまいます。体温が平熱より1度上がると免疫力は5倍に上がります。がん細胞は、35度で一番増殖します。39.3度になると死にます。(石原結実医師)

だから、温めて下さい。

 

 

うちがやっていたことです。

 

・おふろ 

 

あら塩を一握り入れると温まり方が違うとのこと。

でも、パイン・ハイセンスというものを使っていました。市販の安いものよりいいです。参考までに。そんなに高くはないと思うんですが、3缶まとめて買うと6千円くらいです。我が家は1缶で3か月持ちますが、でもシャワーの時もあるからな~?

 

 

・ホットパック

 

アンカの平べったい柔らかい感じのものです。患部に当てていました。

うちが使っていたのは、「中村式ホットパック」です。遠赤外線が出て皮下15センチまで入るという事です。このホットパックは高いです。55000円くらいです。

 

棒もぐさを使って行う「温灸」も、遠赤外線が出て、皮下20センチまで入るという事です。ビワの葉にはアミダグリンという成分があって、それがガンを殺します。ビワの葉を体に当てて上から棒もぐさで温灸します。(ビワの葉温灸)

一日何回もやられて、克服した人が多くいます。しかし、食事療法と合わせてやられたそうですが。

 

もぐさで皮下20センチ、中村式ホットパックで15センチ、5センチ違いますがもぐさの温灸は大変なので、途中からホットパックで温灸してました。温度ももぐさとほぼ同じです。

ビワの葉温灸をしていない時もやっていましたね~。

ホットパックは色んなのが売ってますよ。

 

 

 

エアコンだけではなく近くに電気ストーブをおいて温めました。

電気毛布も使いました。

 

 

 

・食事で中から温めました。

 

 

食養(マクロビオテック)を参考にしました。若杉友子というおばあちゃんが、その専門家で何冊も本を出しています。

 おばあちゃんは余命2ヶ月のご主人を完治させました。

 

 

 

 

【体を温める食べ物 (陽性の食べ物)】

 

 

玄米 雑穀 大根 ニンジン ごぼう レンコン かぼちゃ ネギ 生姜 梅 干し栗 味噌 しょうゆ 自然塩 など

 

 

・パンではなくてお米を食べる事。無農薬の玄米がいいです。胚芽のところに農薬が入ってしまうから。

 

・黒焼き玄米茶(自分で作りましたが売っています)・梅干しの黒焼き(売ってます)

 

・減塩はしない(他の食事療法では減塩します)

 

・甘いものや果物、生野菜はやめること。

ゲルソン療法ではスムージーを勧めています。これも効果がありますが、ここでは「温める」という事に重きを置いて記します。)

 

 

 

 

体を冷やす食べ物】

 

きゅうり なす トマト セロリ 白菜 もやし カイワレ 枝豆 レタス スイカ みかん きのこ類 豆腐 うどん 素麺 小麦 砂糖 チョコレート 甘味料 食品添加物 など

夏に収穫されるものや、暖かい地方でとれるもの

 

 

同じ食べ物でも生で食べるのと火を通したものは違います。

冷やす食べ物を取る時は、塩とかしょうゆなどの体を温める陽性のものと合わせるといいです。

 

 

 

 

 

f:id:megumimtan:20170922184702j:plain

 

読みづらいですよね?

「食べ物の陰陽」と書いてありますが、「陰」は冷やすもの、「陽」は温めるものです。

一番左下の「極陽」のところに「マグロ、さば、ブリ、鶏肉・・・」てありますよね。体は温めるけど血が汚くなるそうです。

 

お砂糖は使わないわけにはいかないので、使うならキビ砂糖、てんさい糖、固まってない黒砂糖がいいですよ。

干した魚は酸化しているのでやめた方がいいそうです。

牛乳は子牛にとっては完全栄養食でも、人間にとっては異種タンパクで体内で老廃物や毒素を作るそうです。

 

 

 

温めることとは違う話ですが、テフロン加工のフライパンは高熱になると発がん性物質が発生するそうです。できたら鉄製のものと言わていますが、私は使いこなせなくて断念しました。揚げ物だけはテフロンがはがれたフライパンを使っていますが大丈夫でしょうかね?

 

油は酸化しやすいので、封を切ったものは冷蔵庫に入れています。使った油は竹炭を入れて酸化を防止し冷蔵庫保存です。

済陽式だったと思いますが、サラダ油はやめてキャノーラ油にしてくださいって言われました。

 

またもや脱線ですが、お茶は自分で入れてください、伊藤園の社長はすい臓がんで亡くなった、と5年前に済陽先生に会った時に言われました。添加物が入ってるのかなあ?

 

玄米を炊く時は塩をひとつまみ入れてくださいね。栄養が吸収しやすいそうですよ。土鍋でたいた方が体にも味もいいというのでやりましたが、意外と簡単です。沸騰したらかき混ぜて弱火で40分置いとけばいいから。最後に強火にするらしいけどいつも忘れます。それに私それやったら焦がすから。

 

玄米は胚芽がついていますがその部分にお米の栄養の99%が入っているそうです。ビタミンCを除くほとんどの栄養がとれると言っている人がいます。

 

お米は見えないカビが生えるそうです。ちょっと忘れましたが2~3週間だったような。

うちは田舎から送ってくるんですが、玄米にしてもらっています。

時間が経ってしまったものは、3分づきに精米するつもりです。

 

 

 

 

もとNHKのディレクターが医者に見放されてもガンを克服した人を調査されました。共通しているものが12個ありましたが、その一つが玄米菜食です。

 

こちらに関しては、また後日書かせていただきます。

 

「ガン・治る法則」12カ条  川竹文夫著   にその内容が書いてあります。

 

 

 

 

川竹さんより、

ガンでお困りの方はお問い合わせください。活動内容の資料をお送りいたします。

 

NPO法人ガンの患者学研究所

〒227-0033

横浜市青葉区鴨志田町569-1-17-105

電話 045-962-7466    fax 045-962-2116

 

http:/www.naotta.net

 

ここに問い合わせて会員?(呼び方わすれました)になりました。毎月送られてきた小雑誌がこれです。

 

f:id:megumimtan:20170922195055j:plain

 

 

 

 

 

番外編

私が作っていたのは根菜スープです。

根野菜を何種類か薄くスライスして(大根、ごぼう、ニンジン、はいつも入れてました)、干ししいたけと一緒に煮込みます。

野菜のエキスが出るしごぼうの風味とシイタケの出汁が出て私は好きです。好きな味をつけて絞ります。繊維があるとエキスの吸収が悪いらしいのでもったいないけど、繊維は捨ててます。

そこにごま油をたらし、時には生姜のしぼり汁を入れてました。

 

ごぼうは皮のところに栄養と風味があるので、そーっとそーっと洗ってくださいね。風味が全然違いますよ。

 

 

 

低農薬や無農薬の野菜がない時は、浄水に8時間つけて農薬を抜いていました。これはゲルソン療法の亜流、済陽式食事療法のやり方です。済陽式は制限があるし、ものすごくスムージーを飲まなくてはいけないのですが、ちゃんとやってる人は60%治ってました。

 

葉物は8時間つけるのは無理です。春菊はすぐに腐りました。

だから野菜洗い用の粉(あんしん野菜)を使って表面の埃と農薬をとりました。

 

 

 

ご参考まで、 めぐみ