テンのめぐみ

笑い・双極性障害・ガンを約3か月で治す・受験に勝つ心作り・心の子育て・幸せ・セラピー・世界情勢・スピリチュアル、まだまだありますが、笑顔になってほしいから書いてるブログ

笑い・双極性障害・ガンを約3か月で治す・受験に勝つ心作り・心の子育て・幸せ・セラピー・世界情勢・スピリチュアル、
まだまだありますが、笑顔になってほしいから書いてるブログ

自分でできるセラピーです。苦しい思いを解放しましょう。楽になりませんか?簡単ですよ

 

2017.09.26 

 

 

前回の記事にアップしたように午前中にうつ脱出!

と思ったら、2時ごろからうつが復活しちゃった!もう!!!

 

でも、薬は飲まない。とにかく太るから。13年で30㎏ってありえないですよ。

 

ず~っとマックスで飲んでたわけじゃないんですよ。

 

うつからある程度、抜け出た時は減薬になってましたから。

 

 

それに、SNRISSRIという薬があって、製品名は色々あるのですが、トレドミン、これ私が飲んでたものです。限度量を超えて処方されてました。

なんと副作用は「希死思念」です。

 

うつ病患者に自殺を誘導する薬飲ませるかな~。

現に1998年に処方されるようになってから、うつ病患者の自殺が増えたそうです。

 

私は薬のせいだけではなく人生最大の問題を2つ抱えていたので、ひどくなって悶絶していました。現実から逃げたくて自殺したかったですね~。

 

でも、自殺したら幸せになるかなんかわからないですよ。逃げれるかどうかもわからない。

実は、息子が小学1年生の時に臨死体験したんです。

雲の上にお花がいっぱい咲いていて、すごくいいところだったそうです。地球を一周したら目が覚めたって言ってました。

死ぬのは怖くないよ、心の中にずっと入っていくだけだよ。とも言ってたんです。

 

だから、悶絶している心の中に入っていくなら逃げたことにはならないから、ずっと苦しむかもしれないと思ってやめたんです。

 

 

 

今回は薬に頼らないで自分で治すことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

今回やったのはセラピーです。私がやっているのはEFPセラピーと言います。

このセラピー効きますよ。

 

 

 

 

 

《セラピーのやり方》

 

 

 

タッピングしながらやるんですけど、

タッピングするところは、気のツボだそうです。

そこからマイナスの気を出して、プラスの気を入れるとか。

 

 

 

 

タッピングするところ
 
 
・鼻から頭頂部に向かってボンノクボに至る線と、耳から耳に頭を通って至るせんの交差する「ヒャクエ」って言うツボ
 
・眉間
 
・目じり
 
・目の下
 
・鼻の下
 
・鎖骨と鎖骨の間の3㎝くらい下。
 
・脇の下から5㎝くらい下。
 
 
 
 
 
 
私は、全部やるときもあれば、
 
一か所だけやるときもあれば、です。
 
 
寝てやる時は、鎖骨の下だけです。
 

 

 

 

午前にやったのはイライラだったのですが、午後にやったのは不安に対してです。

 

ツボを上から順番に全部タッピングしました。一か所だけでも大丈夫ですけどね。

 

 

 

 

とにかく心の中の不安や怒りや恐怖、自分を責める思い、負の感情を出し切ります。

声に出さなくてもいいんです。

 

 

 

 

こんなふうにです。

 

 

 経済面の例

 

「不安だ。不安だ。

どうなっちゃうんだろう。

売り上げがまだ思うように立たない。

こんなのやだよ。

早く軌道に乗ってほしいのに。

不安だ。もう嫌だ。

いつ豊かになるんだろう。

貧乏はいやだ。経済不安なんかもう嫌だ。

不安だ。

不安だ。

怖い、怖い。

どうしよう。

どうなっちゃうんだ。

怖い。

嫌だ。いつ軌道に乗るんだ。

乗らなかったらどうしよう。

乗らなかったらどうしよう。

どうやって生きていけばいいんだ。

お金が無くなっちゃったらどうしよう。

 

 

(こんな心の中にあることをずっと言っていきます。)」

 

 

 

 

「チッキショウー!

あのクライアント足元見やがって!

どんだけ叩けば気が済むんだよ。腹立たしい!」

 

「なんだと~!

どんだけ、理不尽なこと言うんだよ!

どんだけ甘えればいいんだ!

そんなもん通用すると思ってるのか!

頭にくる!腹立たしい!腹立たしい!バカたれが!

 

(これももっと言います。ある程度気が済むまで言います)」

 

 

 

 

「銀行から融資降りなかったらどうしよう。

あと、1ヶ月しか時間がない。

困った、怖い。

誰か助けて。

怖いよう。

下請けに払うお金がないよ。

どうしよう。

どうやって生きていけばいいんだ。

不安だ。

不安だ。

 

などなどなどなど、

~~~~~~。」

 

 

経済的な事の中にもいろいろ思いがありますよね。

そんなの全部出すんです。

 

 

いろんな言葉を出してきます。

何度も違う言葉を出しながらやります。

同じ言葉でもいいですけど。

とにかくいっぱい言います。

もちろん誰にも聞こえない小さな声でいいです。

それも無理なら心の中でもいいです。

 

 

 

 

 

こんな感情を持ってはいけない。

こんな感情を持っている自分は許せない。

言葉には創化力があるからこんなこと言っちゃっていいんだろうか?

 

様々毒素を出すのを妨げる思いが出るかもしれませんが、これ、やめてください。

そういうのを取るためにやるんですから。

 

 

 

 

不安や恐怖、イライラや恨みなどへのアプローチをしても、

自己卑下や自分への批判は残っているかも。

そういう時は、それに対してアプローチすればいいですから。

 

 「どうして、こんな事できないんだろう。私はダメな人間だ。人間失格なんだよ。

どうして、あの人を許せないんだろう。でも許せない。愛せない。許したくない。」

 

などなど、どんどんだしていきます。

 

 

 

 

 

 

不安だけ、恐怖だけ、怒りだけ、とわけてやっていくのがいいですが、全部まとめてやってもいいです。

でも、それだと出し切れないんじゃないかな?

 

 

 

私は、経済面の中でも、「生活できなくなるのが怖い」という事に特化してやって、それから「銀行いくのが怖い、残高減って怖い」に特化して、細分化してやってましたね。

 

 

 

やりやすいのをやって下さい。

 

 

 

こうやってとにかく出し切ったんじゃないかって思うまでやります。

ここがポイントなんです。

マイナスの思いをある程度出し切らないと、プラスの言葉が強く入らないんです。

 

 

 

「心のデトックス」の記事にも書きましたが、タッピングじゃなくて、書き出してもいいですよ。

 

megumimtan.hatenablog.com

 

 

 

全部書き出したら、この思いは捨てる!ってビリビリに破ってゴミ箱に捨てます。

最近はパソコンに入力してます。

 

 

 

 

 

そのあとは、とにかく希望の言葉、光明的な言葉を入れるんです。

もちろん、タッピングしながらですよ。

 

 

例)

「大丈夫、大丈夫。こんなに頑張っているんだもん。

ティッピングポイント

 

(氷を温めてもずっと0℃ですよね。ある時から温度が右肩上がりにあがりますよね。その「ある時」がティッピングポイントです。これはほとんどのものにあてはまるんですって。色々な事例を読みましたよ。)

 

になってないだけだよ。繁栄の前の暗闇なんだよ。

まだ生活できるんだからゆっくり考えていいよ。

怠けているわけじゃない。

成功の指針を得られるはず。

病気の治し方も得られる。

今まで切り抜けてきたんだから、これからだって大丈夫。・・・・・・」

 

こんな感じで、出せるだけずっと話します。

 

 

 

例)

「あいつは、あいつだよ。はっきりノー出ししよう。

とことん説得しよう。

大丈夫、大丈夫。正しいのはこちらだ。」

 

~~~~~。

 

 

 

 

例)

「精一杯頑張ってきたじゃない。

私は聖人ではないから、至らなくて当たり前。できなくて当たり前なんだよ。

こんな、結果を見るのではなく、今までの生きざまや頑張ったところを見なきゃちがうでしょ。

頑張った中で、自分の奥の奥の素晴らしいものが出てきていたはず。

だって、優しいでしょ?人のために頑張れるでしょ?

その心の奥の奥には「愛」というものがわかる尊いものがあるんだよ。

だから、私は素晴らしい。

この部分がこれからの私を成長させるんじゃない?

だから、今が完成じゃなくていいんだよ。

 

~~~~~~。」

 

などなど、

 

こんなふうにやって、

大きく深呼吸するんです。それから、お水をいっぱい飲むんです。

 

 

 

 

 

 

 

これね、プロにやり方教えてもらったんだですど、プロにやってもらうと2時間12000円なんですよ。

 

自分の気持ちや感情をとにかく出せればいいんですけどね。

最後のプラスの言葉は思いつかないかもしれないけど、自分の味方になって話してください。

 

 

 

自分で自分にやるだけでなく、人にもこのセラピーはできます。

そのやり方です。

 

megumimtan.hatenablog.com

 

 

 

 やり終えたら不安はなくなっていました。