アホのめぐみ

お笑い・コメディ・天然生活・双極性障害・ガンを約3か月で治す・受験に勝つ心作り・心の子育て・癒し・幸せ・セラピー・政治 ・世界情勢・ミステリー、まだまだありますが、笑顔になってほしいから書いてるブログ

お笑い・コメディ・天然生活・双極性障害・ガンを約3か月で治す・受験に勝つ心作り・心の子育て・癒し・幸せ・セラピー
政治 ・世界情勢・ミステリー、まだまだありますが、笑顔になってほしいから書いてるブログ

反安倍勢力の「やめろ」ヤジに聴衆「うるさーい」と反撃 背景に民進分裂、北朝鮮情勢…妨害下火に

 

「産経ニュース」

 

 

 

 

22日投開票の衆院選安倍晋三首相の街頭演説中、批判的な勢力の関係者らが「やめろ」などとヤジを飛ばすことに対し、一般の聴衆が「選挙妨害だ」と憤りの声を上げるケースが相次いでいる。

 

このため、かつては演説を中断させることもあった“反安倍勢力”の活動が下火になっているようだ。

 

背景には、同じく政権批判を展開してきた民進党の分裂や、北朝鮮情勢をめぐる有権者の危機意識の高まりがあるとみられている。

 

“心情左派”市民も

 

 

 

安倍首相は17日午前、自民前職の応援で秋田県入りした。街頭演説を始めると、「少子高齢化(対策)はどうするんだ」とヤジが飛んだが、聴衆から「うるさーい」と反発する声が上がり、ヤジは収まった。

 

 

選挙戦に突入後、同様のケースが増えている。

 

 

12日の新潟市、15日の札幌市、16日の大阪市での演説でも、一部で「お前が国難」と書かれた紙が掲げられたり、ヤジが飛ばされたりした。

しかし、聴衆から「選挙妨害だ」などと批判されるとヤジは収まり、拍手が起きるなどの光景もみられた。

 

公安関係者は「批判勢力の背後関係のほか、同調する国会議員や著名人らがインターネット上で知られつつあり、抵抗感を持つ国民が増えている可能性がある」と話す。

 

 公安関係者によると、ヤジなどを飛ばす批判勢力には、

極左集団▽左派系の労働組合

▽安倍首相を「ファシスト」と位置付ける左派系市民団体

▽一部宗教団体-などのメンバーのほか、

野党支持者や報道などに影響された“心情左派”の市民らが入り交じっているとみられるという。

 

 

組織的動員は一部で、インターネットのSNS(会員制交流サイト)上の呼びかけで集まる人が多いとみられる。

 

 

公選法違反の恐れ

 

 

これまでの選挙では、民族系団体との間で暴力事件が起きた「対レイシスト行動集団」(旧レイシストをしばき隊)主宰者の野間易通(やすみち)氏らが、演説する安倍首相を批判する集団にいたことがあった。

 

16日の大阪市での演説でも、「首都レジスタンス運動」名のツイッターアカウントが「大阪に国難襲来! 総員配置につけ」などと記していた。

 

 

 

こうした批判勢力は、平成24年に第2次安倍政権が発足して以降、原発再稼働やテロ等準備罪、森友・加計学園などの問題について「説明責任を果たしていない」と政権を糾弾。

アベ政治を許さない」などをスローガンに掲げ、集団で抗議活動を行ってきた。

 

 

 

7月の東京都議選でも、東京・秋葉原での安倍首相の街頭演説に集結。

「辞めろ」「帰れ」などと怒号を上げる姿が話題となった。

 

 

ヤジなどで演説を聞こえなくする行為は公職選挙法違反(選挙の自由妨害)罪に該当する恐れがある。

ただ、捜査関係者は「表現の自由の問題もあり、相当悪質でない限り摘発は現実的には困難だ」としている。

 

 

あきらめ生じる?

 

 

一方、今回の衆院選では一般聴衆の反発を受け、ヤジなどが下火になっているのも事実だ。

 

政治評論家の小林吉弥氏は「安倍政権の最大批判勢力だった民進党が事実上崩壊し、反安倍を訴えてきた人たちには一種の“あきらめ”が生じているのではないか」とし、活動意欲が低下した可能性を指摘する。

 

実際、野間氏は民進党と希望の党の合流を受けた9月末、ツイッター上で「あと10年くらい安倍でいい」「どうでもよくなった」などと発信した。

 

小林氏は「北朝鮮への強硬対応を多くの国民が望んでいる中、下手に『反安倍』を訴えることで、国民からそっぽを向かれることも懸念しているのではないか」と分析した。