アホのめぐみ

笑い・双極性障害・ガンを約3か月で治す・受験に勝つ心作り・心の子育て・幸せ・セラピー・世界情勢・スピリチュアル、まだまだありますが、笑顔になってほしいから書いてるブログ

笑い・双極性障害・ガンを約3か月で治す・受験に勝つ心作り・心の子育て・幸せ・セラピー・世界情勢・スピリチュアル、
まだまだありますが、笑顔になってほしいから書いてるブログ

ゴミは溜めると決めた!/ トイレの恐怖

 

 

2018.01.29

 

f:id:megumimtan:20180129203507j:plain

 

 

 

私「明日、

 

ビン、缶とペットボトル、

 

捨てる日だから。

 

 

 

机の上のを、ゴミ箱に持ってってね。」

 

 

 

 

 

 

 

娘「大丈夫。

 

溜めてるところだから。」

 

 

 

 

 

 

私「溜めなくていいから!」

 

 

 

 

結局、捨ててくれませんでした。

 

 

  

 

 

 

 

2018.01.31

 

f:id:megumimtan:20180131184333j:plain

 イメージ写真

 

 

 

 

 

娘と二人で歩いていたら、前から赤ちゃんを抱っこしたお母さんが歩いてきました。

 

 

 

私「赤ちゃんいると、大変なんだよ。

 

体力いるんだよ。

 

 

 

歩いてても、すぐ抱っこっていうから、

 

もう重くて、疲れるんだよ。」

 

 

 

 

 

 

私「抱っこするの大変だし、

 

自転車で出かけてたよ。

 

 

 

前にまこと、後ろにナナ。

 

 

 

1人で自由に行きたいのに、

 

めんどくさかった。」

 

 

 

 

 

 

 

私「よく、

 

 

ちび・デブ・ブス

 

 

 

って、掛け声かけて行ったよね。

 

 

 

 

あの頃かなりのブスだったナナが、

 

『ナナ、

 

 

ブスがいい!』

 

 

って言うから、

 

 

 

 

 

『ちび』をまことが言って、

 

 

『デブ』がママが言ったんだよね。

 

 

 

 

 

 

 

何回かやったら、ナナが、

 

 

 

『やっぱ、

 

 

ナナ、ブスはやだ!』

 

 

って言ったんだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初から、わかれよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

娘「置いとけばよかったやん。」

 

 

 

 

私「ちっちゃいガキ置いといたら、

 

死ぬかもしれないじゃん!

 

 

 

まあ、

 

死んでもよかったんだけどね(笑)」

 

 

 

 

 

 

 

娘「(超ウケ、爆笑)」

 

 

 

 

 

帰ってから、まことにこの話をして、2人で大笑いしていました。

 

 

 

 

 

 

よかった。

 

私が、小さい時からずっと大切に思っていることを、知っていてくれているんだ。

 

微塵でも、どうでもいいように思われていた、っていうのがあったら、笑えないもん。

 

 

 

常識を大幅に逸脱した、ブラックユーモア。

 

奇想天外な発想に爆笑したんだと思います。

 

子供たちは私が主人からモラハラを受けていたことを知ってます。

 

子供たちを全力で守ったことも知っています。

 

だからだと思うのですが、よっぽどの信頼関係がないと、このようなことは無理だと思う。

 

 

 

 

だから、安心して、これからも、

 

ドンドン言って大丈夫!

 

 

 

 

言ったろ!

 

 

 

 

 

 

娘「赤ちゃんって、

 

お母さんがトイレに行くだけでも、

 

泣くみたいだね。」

 

 

 

 

私「そうなんだよ。

 

トイレ開けてしてた時もあったよ。」

 

 

 

 

娘「友達とスカイプしてて、

 

トイレに友達が行くと

 

その子の赤ちゃん泣くんだよ。

 

 

 

だから、私が、

 

赤ちゃんに向けてお話してるんだ。

 

 

 

 

『僕、パソコンだよ。

 

ママはすぐ来るから、大丈夫だよ。

 

僕と遊ぼうよ。・・・・』

 

 

 

 

って、少しだけ大人しくなるよ。

 

 

 

 

 

友達、赤ちゃんの事が、とってもかわいいんだって。

 

だから、トイレの恐怖って言ってる。」