テンのめぐみ

笑い・双極性障害・ガンを約3か月で治す・受験に勝つ心作り・心の子育て・幸せ・セラピー・世界情勢・スピリチュアル、まだまだありますが、笑顔になってほしいから書いてるブログ

笑い・双極性障害・ガンを約3か月で治す・受験に勝つ心作り・心の子育て・幸せ・セラピー・世界情勢・スピリチュアル、
まだまだありますが、笑顔になってほしいから書いてるブログ

生理ナプキンは尿洩れに使うもの

 

 

2018.02.02 

 

f:id:megumimtan:20180204195007j:plain

 

 

 娘がリビングに入ってきて、いきなり、

 

 

娘「かっぱ寿司

 

 

 

 

アッ!

 

違う、

 

 

 

 

ポケモンなんだけどさあ。」

 

 

 

 

 

私「かっぱ寿司ポケモン

 

全然、違うんですけど。」

 

 

 

 

 

 

 

2018.02.02

 

エアコンの暖房を入れると、私も息子も息が苦しくなるので、石油ストーブを買いました。

石油ファンヒーターは電気が必要なので、震災にそなえて、ただの石油ストーブです。

 

灯油を入れるためのポンプを買いに、ダイソーに買いに行ったのはいいのですが、私はお財布しか持っていきませんでした。

 

息子が、鍵も携帯も持っているので大丈夫だと思って。

 

しかし、息子が1人でカフェに行ってしまったのです。

 

随分たってから、鍵も携帯も持っていないことに気づきました。

 

 

 

 

 

 

2階には娘がいるのですが、ドアホンが2階まで聞こえない。

 

 

ドアを何回叩いても、反応なし!

 

 

大騒ぎしたら気づいてくれると思って、娘の部屋に向かって、

 

 

 

 

私「助けて~!

 

 

助けて~!

 

 

 

 

ナナ、助けて~!」

 

 

 

と、何回も叫んだら、娘が血相変えて飛んできました。

 

 

 

 

 

娘「どうしたの!!!」

 

 

 

 

恐怖におののいた顔で、私を見ました。

 

 

 

 

笑っている私を見て、

 

発狂しそうな顔をしてます。

 

 

 

 

 

私「ドア開けるの、

 

助けてほしかったの。」

 

 

 

 

 

 

娘「もう!

 

 

 

 

 

3階から

 

 

飛び降りたのかと思った!」

 

 

 

 

私「いっくら私でも、3階から飛び降りるかい!」

と言いたかったのですが、とても言える感じではありません。

 

ただただ、謝っていました。

 

でも、娘は顔が引きつったままです。

 

マジで、私の危機だと思ったみたいです。

 

 

 

 

娘は発狂のはけ口に、息子に怒りのラインをしたそうです。

 

 

 

帰ってきた息子は、

 

悪そうな顔をして、笑っていました。

 

 

 

 

 

後日、おむかえに住む、娘の友達が、

 

 

 

「何があったんだ!」

 

と、家族で大騒ぎしていたんだよ。

 

とラインをくれたそうです。

 

 

 

 

 

私「(ライン、おそ!その日にしろよ!)」

 

 

 

 

これを教えてくれた娘は、また怒っていました。

 

 

 

娘「近所に鳴り響く声は、

 

恥ずかしいからやめて!」

 

 

 

 

 

私の田舎の文化と、東京の文化は違います。

大声OK!騒がしいのOK!の私の田舎の方がいい!

 

 

 

娘「サイゼでもバイトにため口きくのやめて。

 

敬語にして。」

 

 

 

 

私「わかったけど、

 

何で敬語にせなあかんのや。」

 

 

 

 

 

私の田舎は人との距離が近いです。

 

 

 

スーパーでは、半額シールを貼る人に、

 

「これまだ貼ったらへんけど、

貼ってまえん?」

と、図々しいとも思わないで、言います。

 

 

 

店員さんに、

「電池、どこに置いたる?」

 

 

「あっちの方やよ、

ちょっと待っとって、一緒に行くで。」

 

 

 

お店でのことではありませんが、

前のうちの人は、

 

「あんたんどこ、今日何食べるの?」

 

「天ぷらやよ。」

 

「ほんなら、持ってきて。

天ぷらはようけ(多く)になるで、余るやろ。」

 

 

 

 

「めぐちゃん、イチジクなっとるで、

採って食べやあ。」

 

前のうちのイチジクの木に登って、食べていました。

 

 

 

やっぱ、こういうのが好きです。

なごみます。

 

 

 

 

 

 

2018.02.03

 

 

f:id:megumimtan:20180204195511j:plain

 

 

 

娘が、サイゼリアで仕事をするというので、ついていきました。

 

298円のドリアとドリンクバー。

 

いつもの、お決まりのパターンです。

 

 

 

 

もとを取るためにも、いっぱい飲みます。

 

そして、トイレへ。

 

 

 
トイレから帰ってきた娘が、
 
 
娘「ねえ、ナプキン持ってない?」
 
 
 
 
 
私「ないよ!
 
そんなもん!
 
 
 
 
あのさあ、
 
 
 
 
 
私は、まだ
 
 
 
 
 
 
尿洩れしないから!
 
 
 
 
 
 
 
 
娘「私、尿洩れ、してないから。
 
 
 
 
生理になっちゃったの。
 
 
 
 
 
ふつう、ナプキンから連想するのって、
 
生理だから。
 
 
 
 
 
 
 
尿洩れ、連想しないから。
 
 
 
 
 
 
 
私「下の薬局に買いに行けば?」
 
 
 
娘「買い方わからん。」
 
 
 
 
私「は?どういうこと?
 
じゃあ買って来てあげる。」
 
 
 
 
 
娘「2枚だけでいい。」
 
 
 
 
私「2枚だけって、そんなん買えん。」
 
 
 
娘「じゃあ、どのくらい?」
 
 
 
私「一袋」
 
 
 
娘「そんなに使わない。」
 
 
 
 
 
 
私「じゃあ、
 
 
 
全部重ねて敷けば
 
 
ええやん。
 
 
 
 
 
 
 
ズボンの股、
 
 
めっちゃ
 
 
垂れさがるわなあ(笑)」
 
 
 
 
 
 
 
 
娘「パパの麻雀みたい。
 
 
パイを上に上に、
 
積み重ねてたよ。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 2018.02.05
 
 
またもや、サイゼで。
 
この日は息子もいました。
 
息子は発疹が出たために、皮膚科に行った帰りでした。
アトピーの人がかかりやすい、「カポジ水痘様発疹症」でした。
 
 
 
 
息子「高かった。5000円もしたよ。」
 
 
私「高!」
 
 
息子「でも、
 
 
 
 
まん〇。」
 
 
 
 
娘「は?何?」
 
 
 
 
息子
 
「万超えなくて良かった。」
 
 
 
 
 
私「変なとこで、止めるな!」
 
 
 
 
 
 
 
 
2018.02.06
 
 
息子は、アトピー治療のため、栄養からのアプローチをする、病院に行き始めました。
 
小麦粉、油物、白砂糖、添加物、豚肉、牛肉、刺身、乳製品はNG.
 
小麦って、しょうゆにも入っているんですよ。
だから、グルテンフリーのお醤油を取り寄せていますが・・・まずい!
 
 
酵母をとった方がいいんです。
酵母って、48℃、10分で死んじゃうんです。
出汁入りのお味噌は最初から死んでるそうです。
 
 
だから、お味噌汁は食べる時にそれぞれがお味噌を入れます。
3種類くらい用意しておいて、自分で選択して食べるんです。
お味噌屋さんで買ってます。
 
 
煮物も食べる時につけるんです。
結構、気に入ってます。
 
 
電子レンジは使いません。身体に悪いそうです。栄養も無くなるって息子が言ってました。
 
今の電磁波の生活(普通の生活)をしていると、寿命が5年縮まるって、環境評論家が言ってました。
家電で一番出るのが、電子レンジ。
 
ホットカーペットもヤバいらしいです。
 
今、電磁波遮断の機器が売ってるので、パソコンにはそれを使っています。
部屋全体を遮断するのも売っているんですよ。
パソコンにつなげた時から、なんとなく楽です。
 
 
木造家屋なら、木材が電磁波をある程度吸収するので、まだいいらしいのですが、鉄筋コンクリートは吸収しなくてはじいてしまうので、それがまた飛び交うんだそうです。
 
 
 
 
 
 
こんな事で、献立が大変!
 
 
 
この日は、ヒット作が生まれました。
 
 
油揚げを裏返して、
塩コショウをしたスライス鶏むね肉と、刻んだ大葉を入れて、
オーブントースターで、焼くだけ。
 
最後に、しょうゆとみりんを混ぜたものをかけました。
何しろ、しょうゆがまずいから、混ぜないと。
 
 
 
 
 
食べ物のことが全くわからない娘に、
 
私「ねえ、薄くない?薄かったら、
 
何かかけてね。」
 
 
 
 
娘「端っこの方は、
 
薄くなってるけど、
 
 
 
 
真ん中の方は厚いよ。ほら!」
 
 
 
真ん中の、お肉が入って厚くなっているのを見せました。
 
 
 
 
 
私「そうじゃなくて、味だよ。」
 
 
娘「私、
 
味はわからない。」
 
 
 
 
 
 
私「ああ、そうやった、
 
聞いてもしょうがなかった!」
 
 
 
 
カレーを食べながら、
 
娘「私、カレー食べたい!」