テンのめぐみ

笑い・双極性障害・ガンを約3か月で治す・受験に勝つ心作り・心の子育て・幸せ・セラピー・世界情勢・スピリチュアル、まだまだありますが、笑顔になってほしいから書いてるブログ

笑い・双極性障害・ガンを約3か月で治す・受験に勝つ心作り・心の子育て・幸せ・セラピー・世界情勢・スピリチュアル、
まだまだありますが、笑顔になってほしいから書いてるブログ

ビクビクから脱出!自分の人生を生きる。

 

数日前から、ウツが出ています。

 

体がウツのひどい時みたいに、重くて、闇っぽくて、背筋が冷たくて・・・とにかくいっや~な感じなんです。寝起きは金縛りの半分くらい。

いつものウツの時の感じです。だから寝てました。

 

それが不思議なんです。

いつもなら、暗闇に心が落ちていくのですが、今回は落ちない。

不安がない。

怖くない。

 

これ、ウツじゃないのか?

でも、イライラはするよな。

 

こんな感じです。

 

 

 

何で心が落ちないのかな?って考えたんですが、

 

身体のシグナルをキャッチして、安静にしているから?

それとも、自己肯定感が出てきたから?

自分の信条に則して生きる、と決意したから?

感謝の心が出てきているから?

 

 

たぶん、全部だと思います。

 

 

 

 

 以前私は、自分の価値はマイナス50だと思い、苦しんできましたが、克服できました。

 

自己肯定感を出したのは、こんなやり方です。

 

過去にマイナスの自己認定をした事象を思い出して、自分の味方になって、自己卑下している考え方を覆す、というやり方です。

 

自分の味方の存在になって、自己卑下している過去の自分に話しかける、というものです。

 

いくつもの事象をやったら、浮上しました。

世界が明るく見えるようになったんです。

恐怖が減りました。

 

 

この記事のワーク2をやりました。

megumimtan.hatenablog.com

 

 

 

 次に、

自分の信条に則して生きる、と決意した経緯ですが、

 

どうしても、人の目を気にしてビクビクしちゃいます。

批判されるかもしれないし、反対意見を言われるかもしれないし、悪口言われるかもしれない、嫌われるかもしれない。

 

怖いから、そうされないようにしよう、と無意識のうちに自分を調整していたのに気づいたんです。

 

 

 

だから、

「あかん!こんな生き方したない!

こんな生き方は、色んな人の気持ちに合うように、自分を、自分の考えを、変える生き方で、つまり私の生き方やない!

 

私は私の信条のまま生きるんや。

 

批判されても悪口言われようとも、自分の信条で自分の人生を生きよう。

 

信条を通す中で摩擦が多いと厳しいので、戦略を考えよう。

 

信条が幸せにつながる、正しいものなら、それでいい。

間違ってると思ったら、修正すればいい。」

 

 

こう決心してから、ビクビクしなくなったんです。

前は、コメント見るのも怖い時あったんですよ。

 

 

 

昔の話ですが、地方の芸大の油絵科を狙っていました。狭き門です。

東京芸大の40倍まではいきませんが。

 

何度もスランプに陥りました。

そして、教訓を得ては、自分を変えて克服していったんです。

 

こういう事は、絵だけではなく、向上、発展、進歩する時には、つきものではないでしょうか?

 

 

 

絵を描いている時に得た教訓は、

 

目標は手に届くような、階段の2~3段上にするのではなく、届かないところにする。

そうすれば上手くなるスピードが速い。

 

人の目は気にしない。自分を飾ってはいけない。

 

絵は怖いです。心が現れてしまうからです。

 だから、迷ってはいけない。

信じたままに現そう。

そうすることで、魅力の強い絵になる。

 

私は不器用です。

しかし、不器用な人にしか出せない味があると言われていました。

一生懸命取り組めば、弱点も強みになることがある。

 

 

これらの教訓は人生訓にもなりました。

 

 

 

双極性障害躁うつ病)になって、14年。

こんな生き方、無くしていました。

 

自信をなくして、人から傷つけられるのではないかとビクついて、

だから、自分を防御する事を重視してきたんだと思います。

 

 

「私は私の信条で、私の人生を生きる」と思えたという事は、取り戻せたのかもしれません。

 

私は私の個性で生きていきたい。

そうしたら、もっと堂々と生きていけると思う。

 

 

 

少し、強くなれたかも。

 

本来の自分を取り戻せたかも。

 

 

もっと取り戻したい。

 

 

 

蘇れ! 私!!