テンのめぐみ

笑い・双極性障害・受験に勝つ心作り・心の子育て・幸せ・セラピー・スピリチュアル、まだまだありますが、笑顔になってほしいから書いてるブログ

笑い・双極性障害・受験に勝つ心作り・心の子育て・幸せ・セラピー・スピリチュアル、
まだまだありますが、笑顔になってほしいから書いてるブログ

逆境の中をけなげに光り輝いて生きている子供(友達)たちの事を知ってください。

スポンサーリンク
 
 
 
 
この子たちの事を知っていただきたくて、再掲します。
 
 
 
 
 
 
【じゅん君の事です】
 
 
 
じゅん君と娘は小学校の同級生です。
じゅん君は片足が不自由で、入学した時は車椅子でした。
でも頑張って少しずつ歩けるようになり、少しずつ走れるようになったんです。
 
いつも運動会は全体遊戯だけ。でもぎこちない動きしかできません。
 
 
 
じゅん君と娘は仲が良くて、時々我が家に遊びに来ました。
とても明るくていつも笑顔で、息子と遊んでくれて優しくしてくれるので、息子はじゅん君が大好きでした。
 
 
 
 
運動会が近づいてきました。
 
じゅん君、どうするのだろう?全員参加の徒競走はどうするのだろう?
また見学なのかな?それも辛いよな。
参加してもビリだろうし、こんなに小さいのにみんなと同じにはできないことを痛感して落ち込まなければいいけど。
 
 
運動会、中止になればいいのに。
 
と私は思っていました。
 
 
 
 
 
 
でも運動会は来てしまったのです。
 
 
 
 
 
なんと、じゅん君は初めて徒競走に参加しました。一番ビリになることを知っているに。
 
 
 
 
対戦相手は、白組の一番遅い子でした。
 
 
 
最初から差が開いていました。白組の子がゴールした時に、じゅん君はまだ半分しか走れていません。
 
 
 
 
保護者も児童も先生もじゅん君を見ていました。
 
 
全員じゅん君にクギずけです。
だって、
 
 
じゅん君が満面の笑みでとっても嬉しそうに
 
走っていたんですもの。
 
 
 
 
 
ゆっくりゆっくりと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そのうち、あちらこちらから、
 
「じゅん、頑張れー!
 
 
 
 
 
じゅ~ん~~!!
 
 
 
 
 
頑張れーーっ!!!」
 
 
 
 
 
 
と声援が聞こえました。敵チーム云々関係なく。父兄も児童もです。
 
 
 
その声援が大きなものになっていって、ゴール間近になったときは全員の大合唱となっていたんです。
 
 
 
本当なら1番の子しかテープを切れないのに、先生方がじゅん君のために、もう一度テープを張ってくださいました。
 
 
 
 
 
じゅん君は満面の笑みをたたえながら
 
テープを切りました。
 
 
 
 
 
 
 
みんなで拍手喝采です。
 
泣いている人もいました。
 
 
 
 
 
 
 
一等賞を取れた子は、それはそれで素晴らしいけど、
 
生きる姿勢においては
 
じゅん君がダントツに一等賞だと思いました。
 
 
 
結果じゃなくて、
 
生きる姿に人は魅了されることがよくわかりました。
 
 
 
 
 
 
生きる姿勢で誰かに感激を与え、
 
幸せになってもらえることができるんだ。
 
 
 
 
 
 
 
私は結果だけを見て苦しくなっていたけど、
 
大切なのは姿勢なんだと思いました。
 
 
じゅん君に教えてもらったんです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
翌日は振替休日。
 
 
 
じゅん君が我が家に遊びに来てくれました。
いつもの明るさがありません。
どうしたのかな?と見ていたら、
 
私に、
 
 
 
じゅん君「僕はデビルの子だ」とポツリと言ったんです。
 
 
そしてまた、
じゅん君「僕はデビルの子だ」と言ったんです。
 
 
 
 
まるで、私に救いを求めるかのように、私が話すまで何度も小さい声でうつむきながら繰り返しました。
 
 
 
 
 
やっぱり昨日の事がこたえてるんだ。
こんなに小さいのに足のことで悩んでいるの辛いよな。
でも、現実だから受け止めないといけないし。
 
 
暗い心を明るくするすべも知らないから、立ち上がれずにいるんだよな。
今まで明るくしていたけど、きっと、ずっと辛かったんだよね。
 
 
私が今、何か言っても、これからの人生、人との違いを認識したり、その足ゆえに処遇が悪くなったりするんだろうな。
 
 
と思いじゅん君が幸せな心になれるように祈りながら次のお話をしました。
 
 
 
  
 
 
私「じゅん君はデビルの子なんかじゃないよ。
 
めぐママはじゅん君のこと天使だと思ってるんだよ。
 
足の事辛いよね。みんなと違うの辛いよね。
 
 
 
神様はね、その子が耐えられない苦しみは与えないんだよ。
 
でも耐えられない時はあるよ。
 
だけどず~っと耐えられなくて、おかしくなっちゃったら不幸になっちゃうよね。
 
だから神様はね、全員にはこういう足はあげれないんだよ。
 
神様はね天国から、心が強くていい子を探すの。
 
 
 
 
じゅん君は神様に選ばれた天使なんだよ。
 
 
 
 
天使はね、神様のお手伝いをする人のこと言うんだよ。
 
だって、天の使いって書くでしょ?
 
神様はみんなを幸せにしたいって思ってるじゃない?
 
 
 
 
昨日ね、じゅん君頑張って走って、全員が感動したんだよ。
 
ゴール決めた時だけじゃないよ。
 
走っている間も感動してたんだよ。
 
だって、じゅん君笑顔で一生懸命走ったでしょ。
 
 
 
みんなに感動与えたっていう事は幸せにしたっていう事なんだよ。
 
だから、神様の使いなんだよ。
 
 
 
 
じゅん君は天使なんだよ。わかる?
 
 
 
 
これからも足の事で悩むかもしれないけど、それを乗り越えたら神様はコイン(ゲーム)をくれるの。
 
悩んだ事と同じくらい、じゃなくて、もっともっと大きい幸せもくれるんだよ。
 
神様からのプレゼントだよ。
 
 
 
 
じゅん君が乗り越えられない辛いことは神様与えないんだよ。
 
これ以上無理って思う事があるかもしれないけど、乗り越えられるんだよ。
 
そしたらまたコインをゲットするんだ。
 
コインの数じゅん君が多くなるよ。
 
それに神様からのプレゼントがあるんだよ。
 
 
 
 
天使は辛い時にも、人に優しくしたり、助けてあげたり、幸せにしてあげたりできるの。
 
そうやってると辛いことが減るんだよ。
 
そしたらね、コインいっぱい、いっぱいゲットできるんだよ。
 
それとね、神様からめちゃくちゃいっぱいプレゼントくれるの。
 
幸せっていうプレゼントなんだよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
じゅん君はデビルの子じゃなくて、
 
天使なんだよ。
 
 
 
 
めぐママ(私)は
 
じゅん君が天使だって知ってるよ。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どのくらい理解できたのかはわかりません。
 
でも、じゅん君の顔がいつもの明るい顔になり、足をひきずりながら
 
 
 
 
 
 
じゅん君「僕は天使だ!
 
 
 
 
僕は天使だ!
 
 
 
 
 
 
 
 
僕は天使だ~!!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
と叫んだのを見て、私は何故か涙が溢れました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

【りゅう君のお話をします。】

 

 

 

りゅう君と息子は小学校からの仲のいいお友達でした。

りゅう君が迎えに来てくれていつも一緒に登校していました。

部活のない時は、いつも息子と一緒にうちに帰ってきました。

 

 

 

 

りゅう君がお母さんのお腹にいる時に、お父さんは自殺されました。

それまでお父さんが建てた家に住んでいたのですが、すぐ近くのあばら家に引っ越しました。

 

 

 

 

お父さんがいないことは小学生になってからわかったそうです。

「僕にはお父さんがいないんだ!とわかった時に大泣きしたんだよ。」

 と、息子に打ち明けたそうです。

 

 

お母さんは、トラックのドライバーをして育てていたのですが、帰宅が遅いので、りゅう君がご飯を炊いていました。

夕食は10時です。

 

 

小学生の時から、お兄ちゃんにいじめられて、殴られていました。

お小遣いも取られていました。

 

 

学年でビリでした。

 

 

 

 

 

どうですか?悲惨ですよね、こんなの。

 

 

大人だったら心をコントロールしてみたり、お兄ちゃんの件も策を練れるかもしれません。

働いて、そのお金でほしいものを買う事もできるでしょう。

 

しかし、りゅう君にはできないんです。

耐えるしかないんです。

 

 

 

 

 

 

でも・・・。

 

 

 

 

りゅう君は、誰にでも優しいんです。

相手の味方になっていつも話をしました。

喜ぶようなことをいつも選んで話していました。

 

 

お兄ちゃんに暴力を振るわれ、お小遣いまで取られてしまうのに悪く言わないんです。

お母さんに叱られても、かばうんです。

 

 

 

ある時、期末試験の勉強にうちに来ました。

なかなか頭に入っていきません。

 

 

 

私「りゅう君はね、頭いいと思う。

相手の気持ちを大切にした言葉しか言わないでしょ?

いつも、そういう言葉を選んでるでしょ?

 

それってね、とても難しい事なんだよ。

瞬時にそういう言葉を選ぶのって、頭良くないとできないよ。」

 

 

 

 

 

 

ある日、息子が体調が悪くてりゅう君が迎えに来てもなかなか表に出られませんでした。

時間ギリギリになってしまったんです。

 

 

そして、通学途中で、具合が悪くなって引き返してきました。

りゅう君もです。

りゅう君が息子をおんぶして連れてきてくれたんです。

遅刻するのを知っていたのに。

うちに連れて来るや否や猛ダッシュで学校に向かいました。

 

  

もちろん私はすぐに先生に連絡しました。

 

 

息子は一人でも帰れる状態でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受験が近づいた時の事です。

 

 

りゅう君「僕、高校行けるんです!

行けることになったんです!」

 

ものすごく喜んで教えてくれました。

 

それまで、暗い顔一つ見せなかったので、私はりゅう君も行くものだと思っていたのです。

 

 

りゅう君は自分は高校に行けないと思っていたのですね。

周りが当然のこととして行くのに、自分は無理だと思い込んでいたのでしょう。

 

 

でも、そのことを受け入れてもいたと思います。

いつもと変わらずに、人の気持ちを気づかって話をしていたので、受け入れていたんだと思います。

 

 

自分の境遇を受け入れると、辛さが軽くなるのでしょうか?

 

 

 

 

りゅう君は劣悪な境遇に生きていたのに、絶えず、人のために生きていました。

 

 

天使が生まれてきたらこんな感じなんだろうな?って思いました。

 

 

私は、りゅう君から生き様を学ばさせていただいたのです。

 

 

 

私の家は中古の中古です。

だから、建てた人とは会ったことがありません。

 

 

建てたのは、なんと、りゅう君の亡くなったお父さんだとママ友が教えてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

りゅう君のように、私は辛い時、「人を幸福にしようとする側」にいるか、「人から幸せをもらおう」とする側にいるか、を点検しています。

 

 

「もらおう」というのは、優しくして”もらおう”とか評価して”もらおう”などなどの意味です。

方向が相手から自分へ、という意味です。

 

「幸福にしよう」というのは、その逆です。

「与えよう」「与えよう」という事です。

 

 

 

もし、もらおうとする心が強くなっているなら、幸福にしようという心を出しています。

誰かに対して。

 

 

 

 

幸福にしようとする心が強くなると、辛い心が減るんです。

ほとんどわからなくなっている時もありました。

辛い事に興味がいかなくなっていたのです。

 

これって苦難困難の中の生き方みたいですよ。そう本に書いてありました。

 

 

 

 

この子達からとても大切なことを教えてもらいました。

 

 

 

 

 

じゅん君もりゅう君も、悩むこともあるでしょう。

辛い思いもするでしょう。

 

 

自身の素晴らしさで乗り越えて、しあわせになってほしいと思います。

 

 

 

 

 

じゅん君、りゅう君、

 

 

あなたたちは天使です!

 

 

© 2017 めぐみ プライバシーポリシー