テンのめぐみ

笑い・双極性障害・受験に勝つ心作り・心の子育て・幸せ・セラピー・スピリチュアル、まだまだありますが、笑顔になってほしいから書いてるブログ

笑い・双極性障害・受験に勝つ心作り・心の子育て・幸せ・セラピー・スピリチュアル、
まだまだありますが、笑顔になってほしいから書いてるブログ

玄米あげない!!!ホッホッほっほっ。

スポンサーリンク
 
 
親戚のお婆ちゃん(80を越えています)は、自分で作った無農薬のお米や野菜をくれます。とっても元気でスクーターに乗ってパートにも行っています。
 
精米して白米になったお米をくれるので、白米しかもらえないんだと思っていました。
でも、ある時、精米していない玄米をくれました。
 
 
実家は健康志向なので、ほとんど玄米を食べています。
だから、今度から玄米をもらおう!という事になりました。
 
 
 
 
お婆ちゃんに、
義妹「皆、玄米が食べたいっていうから、玄米でください。」と言うと、
 
 
お婆ちゃん
「え?玄米?玄米なんか美味しくないよ。
ついてきて(精米しての意)あげるから白米食べなさい。
 
あの~、3合炊くときは水を3合の線のちょびっと上まで入れるの。
そしたら、それはそれは美味しくなるから、そうやって食べなさい。
 
 
 
ホッホッほっほっ。」
 
 
 
 
しばらくして、
義妹「でも、皆玄米が食べたいっていうから、玄米でください。」
 
 
 
 
お婆ちゃん
「え?玄米?玄米なんか美味しくないよ。
ついてきてあげるから白米食べなさい。
 
あの~、3合炊くときは水を3合の線のちょびっと上まで入れるの。
そしたら、それはそれは美味しくなるから、そうやって食べなさい。
 
 
 
ホッホッほっほっ。」
 
 
 
 
 
また、
 
義妹「でも、皆玄米が食べたいっていうから、玄米でください。」
 
 
 
 
お婆ちゃん
「え?玄米?玄米なんか美味しくないよ。
ついてきてあげるから白米食べなさい。
 
あの~、3合炊くときは水を3合の線のちょびっと上まで入れるの。
そしたら、それはそれは美味しくなるから、そうやって食べなさい。
 
 
 
ホッホッほっほっ。」
 
 
 
 
 
後日、
 
義妹「でも、皆玄米が食べたいっていうから、
 
玄米でください。」
 
 
 
 
お婆ちゃん「え?玄米?玄米なんか美味しくないよ。
ついてきてあげるから白米食べなさい。
 
あの~、3合炊くときは水を3合の線のちょびっと上まで入れるの。
そしたら、それはそれは美味しくなるから、そうやって食べなさい。
 
 
 
ホッホッほっほっ。」
 
 
 
 
 
 
いつも、同じ答えと同じ笑い。何度繰り返したことやら。
 
もう、見事としか言いようがありませんでした。
 
 
 
 
てごわい!
 
玄米くれ~!
 
 
こちらも諦めません。
 
 
 
 
 
だから、しばら~くして、会った時に、また頼みました。
 
 
 
 
義妹「皆玄米が食べたいっていうから、
 
玄米でください。」
 
 
 
 
お婆ちゃん
「え?玄米?玄米なんか美味しくないよ。
ついてきてあげるから、白米食べなさい。
 
あの~、3合炊くときは水を3合の線のちょびっと上まで入れるの。
そしたらそれわそれは美味しくなるから、そうやって食べなさい。
 
 
 
ホッホッほっほっ。」
 
 
 
 
 
 
あかん!
 
 
 
 
 
どうなっとるんや。
 
 
なんでおんなじ言葉なんや!
 
 
 
 
 
しぶとい!
 
 
 
 
 
 
 
 
ある日、義妹にお婆ちゃんから電話がありました。
 
 
 
おばあちゃん
 
「お米を 白米についてきたから、
 
取りにいらっしゃい。
 
 
 
あの~、3合炊くときは水を3合の線のちょびっと上まで入れるの。
そしたらそれはそれは美味しくなるから、そうやって食べなさい。
 
 
 
 
ホッホッほっほっ。」
 
 
 
 
また、同じフレーズ、同じ笑い。
 
 
 
 
 
みつ&私
「白米にしちゃったんだ!
ついに出た。
絶対に白米食べさせようとしとる。」
 
 
 
 
みつ「何でついてきたの?
皆、玄米食べたいんやで、玄米くれればいいがね。」
 
 
 
 
 
 
 
 
それでも、まだまだ、こっちも諦めません。
こうなったら、粘りまくります。
 
言い方を変えてみました。
と言っても「すいません」を付け足しただけですけど。
 
 
 
私「すいません、皆玄米が食べたいっていうから、玄米でください。」
 
と言うと返事が変わりました。
 
 
 
 
お婆ちゃん
 
 
「あげない!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
みつ「なんでそんなに白米食べさせたがるの、みんな玄米食べたいって言っとるに。」
 
 
 
 
お婆ちゃん
「え?玄米?玄米なんか美味しくないよ。
ついてきてあげるから白米食べなさい。
 
あの~、3合炊くときは水を3合の線のちょびっと上まで入れるの。
そしたらそれわそれは美味しくなるから、そうやって食べなさい。
 
 
 
ホッホッほっほっ。」
 
 
 
 
私&みつ
 
「でた~!
 
またや~!おんなじや~!」
 
 
 
 
 
お婆ちゃんは付け加えました。
 
 
 
 

f:id:megumimtan:20180306175839j:plain

 
おばあちゃん
 
 
「玄米なんか
 
 
食べると、
 
 
 
 
この子みたいに
 
 
 
顔が黒くなるから。」
 
 
 
 
 
 
なんでこんな嘘までついて
 
白米に執着するんや!
 
 
 
 
 
 
みつ「ほんならしょうないで、
 
玄米買ってくるわ。」
 
 
 
 
 
 
 
節約家のおばあちゃんは、
 
お婆ちゃん
「買うって?
 
あかん、あかん!
 
ほんなら玄米あげるで。
 
買わなくていいから。」
 
 
 
© 2017 めぐみ プライバシーポリシー