テンのめぐみ

笑い・双極性障害・ガンを約3か月で治す・受験に勝つ心作り・心の子育て・幸せ・セラピー・世界情勢・スピリチュアル、まだまだありますが、笑顔になってほしいから書いてるブログ

笑い・双極性障害・ガンを約3か月で治す・受験に勝つ心作り・心の子育て・幸せ・セラピー・世界情勢・スピリチュアル、
まだまだありますが、笑顔になってほしいから書いてるブログ

私の信じる、真の先祖供養

 

f:id:megumimtan:20180409081033j:plain

 

 

 

 

2018.04.01

 

4月1日は主人の命日なのですが、一般的な先祖供養は納得いかないので、しませんでした。

 

私は、通常の先祖供養に疑問を持っています。

私たちが、線香を焚いて、お経をあげて、花を供えても、浮かばれていない先祖の心を天国的な心に変えるのは無理です。

 

どんな世界にいても、それは亡くなった人の、自己責任だと思います。

遺族が、供養をしたら天国、しなかったら地獄、というのはありえません。

 

 

生きていた時の、間違った思いと言動で、暗い心境になって、目の前に、暗い世界が展開して行く、それが地獄だと思っています。

 

 

この世にいても、心が暗いと、世界が暗く見えますが、あの世は意識の世界だから、もっと顕著に現れると思うんです。

 

 

お経を唱えても、生きていた時に意味が分からなかったら、死んでも分らない。

 

 

お経も言葉かもしれません。

言葉は言霊と言います。

言霊には力があるというけれど、

 

お経の、「節」「音の流れ」、よりも、

「感情を乗せた言葉の意味」、の方が力があるのだと思っています。

 

他の言葉でも、感情を乗せた言葉の意味、が仕事をするのだと思っています。

 

 

線香も釈迦時代では、お風呂に入る習慣がなくて、体臭を消すために焚かれていました。

 

 

 

浮かばれていない先祖が、天国に住するためには、

 

反省をして、

自分の間違いを知り、

謝罪をし、

厚生をして、

 

「自分で自分を正し、心境をあげる」のが本筋です。

 

心境があがったら、その心境に応じた世界が展開するのだと思います。

それが、地獄から天国に住むための、生き方だと思う。

 

 

 

自分で自分を救うのです。

 

遺族がが努力するのは違う。

線香やお経をあげる、という努力は、効果がないと思います。

 

 

 

 

遺族がやるべき供養は、

 

「真理に沿って、正しい思いと言動で生きて、幸せに暮らすこと。」

 

 

それを見て、浮かばれていない先祖が、自分の間違いを知り、厚生の道に入るのだと思う。

つまり、正しい、感化を与えるのが、先祖供養だと思います。

 

 

 

全て、浮かばれていない先祖の自己責任。

自助努力で天国に住するべき。

 

 

そう思うのです。

 

 

 

 

天国に住しているだろう、先祖に対しては、感謝の気持ちを伝えるというのが、供養になると思います。

 

感謝の心は、相手を幸せにするので、先祖も幸せにできると思うから。

 

 

 

 

 私は、主人のモラハラに会っていました。

「限りなく耐えられない価値の低さ」を感じていました。

 

苦しい思い出は、薄れていき、主人は、もう架空の人物のようになっている時があります。

 

でも、心のキズや悔しい思い、トラウマは完全には消えません。

色々な、手を使って、随分克服し、楽になっていますが、まだ残っています。

怖いです。何でもない事でも、疑心暗鬼になり、あの恐怖が蘇ります。

 

 

 

さあ、これをどうしようか?

どういうやり方をやってみようか?と考えました。

 

結論は、逆説的ですが、その乗り越えたい、

「辛い思いに焦点を当てるのをやめる」、です。

 

希望や自他の幸福に、焦点を当てる方がいい。

 

私の、苦しい経験は、誰かに幸福になってもらうためのツールになるかもしれない。

この苦しみが、誰かの役に立つかもしれない。

 

 

 

 

こっちがいい。