テンのめぐみ

笑い・双極性障害・ガンを約3か月で治す・受験に勝つ心作り・心の子育て・幸せ・セラピー・世界情勢・スピリチュアル、まだまだありますが、笑顔になってほしいから書いてるブログ

笑い・双極性障害・ガンを約3か月で治す・受験に勝つ心作り・心の子育て・幸せ・セラピー・世界情勢・スピリチュアル、
まだまだありますが、笑顔になってほしいから書いてるブログ

愛、願い、祈り…思いは現実化する、と、量子力学で解明されました。

 
 

f:id:megumimtan:20180328015718j:plain

 
 
 
 
思いがどのように現実化するのかを、量子力学(最先端の物理学)でご説明致します。
 
 
 
「物質は原子からなっていて、原子はそれ以上は分解できない、ごく小さなもの。
元素の特色を失わない範囲で達し得る、最小の微粒子。」
 
と学校で習いましたが、これは物理学の範疇です。
 
 
 
量子力学(最先端の物理学)は、原子の奥を解明しています。
 
 
 
 
このようにです。
 
 
1.空間の中に原子が集まっていて、
 
2.その原子の空間の中に、原子核があって、
 
3.その原子核の空間の中に陽子があって、
 
4.その陽子の空間の中に素粒子がある。
 
5.その素粒子の中に、ヒモが動いている(波動性)。粒もある。
これを、ゼロポイントエネルギーと言います。
 
つまり、物質のもとはエネルギーです。
 
 
 
 
4. の、素粒子ですが、
 
素粒子同士はぶつかるとなくなり、その直後にエネルギーに変わり、別の素粒子になります。
そして、ほかの物質が生まれることが、実験でわかっています。
 
ここで、フォトン(光)素粒子が加わった時に、大きなエネルギーになる。
 
 
 
素粒子は意識を向けないと、ただのエネルギー状態。
ここに「見る」「思考を向ける」とこのエネルギーが粒になる。
 
 
 
素粒子は、粒子性(物)と波動性(エネルギーの波)のものがある。
素粒子の物質化する前(波動性の時)に、
 
意志、思考、言葉、愛、祈りなど、
言葉のエネルギーや祈りのエネルギーを当てると(フォトン)、
波動性(エネルギーの波)を、そのように振動させ、
その素粒子が陽子になり、原子核になり、原子になり、
という具合になって叶いやすい。
 
 
だから、このような思いをぶつけると物質化して、相手が健康になったり、幸せになったりする。
 
 
奇蹟と量子力学はつながっているんです。
 
 
つまり、ゼロポイントエネルギー + 思考エネルギー = 現実化する
 
 
 
 
思考が現実化するのは、強く思った人だけではありません。
 
携帯で電磁波が出ていますが、そのようなもの。
 
そんなの無理を思うと、その心が現実化する。
 
素粒子は意識を向けていないと、エネルギー状態のまま。
 
「~したい」「「~なりたい」と思うと、それが粒になり、そして、現実化していきます。
 
 
 
 
5.その素粒子の中に、ヒモが動いている。粒もあります。
これを、ゼロポイントエネルギーと言います。
 
このゼロポイントエネルギーを愛だとアインシュタインは言っています。
 
 
 
 
ゼロポイントエネルギーに、つながりやすい心理状態ですが、(実験済み)
 
ネガティブ感情。不安、焦り、脅迫、恐怖、怒り、心配などなど。 ✖・弱い
 
ポジティブ感情。喜び、ワクワク、感謝、思いやり、心が安定。 O・強い
 
 
 
ポジティブ感情だと、発信が強くなり、叶いやすい。
ゼロポイントエネルギーとつながり、現象を動かし、ゴールの達成、となる。
 
 
 
 
 
この時、電磁波を出した方がいいのですが、出す方法は次の3つです。
 
・気持ち… 希望が叶ったとして、喜びで感謝する。(~なってありがとう)など
 
・イメージ… 希望が叶った時の状態をイメージする。その時の感情になってみる。
 
・結果を信じる
 
 
 
 
 
また、 
素粒子に言葉を当てると実現すると言いましたが、
 
素粒子に言葉を当てると、
 
言葉が素粒子を動かす。
全身からフォトン(光)が出る。
発信する周波数を高め、出すエネルギーを増やす。
出した分が返ってくる。そのため自ら与える。
 
 
 
 
エネルギーを高めるには、「自分のために」というのは、自分一人分が自分に返ってくる。
 
「より多くの人のため」、「世界の人のため」と、大きくなればなるほど、その分が自分に返ってくる。
 
 
 
 
「頑張ります。」という、交感神経優位で硬くなるものより、
 
「世界のために、最高の自分を発揮します。」というほうが、力が抜けて集中でき、パワーアップし、強くなります。
 
 
 
 
 
自分の事をダメな奴だと思うと、自分を攻撃していることになり、周りから攻撃を受ける。
だから、自分が自分をどう扱っているか、自分を大切に思う事。自分をほめること。
 
失敗した時も、できているところや、いいところを見つけて言葉を発すること。
 
 
 
 
どうしても、自虐的になる傾向にある人は、「自分をほめる、日記を書く」
 
例えば)
朝起きれた。   私ってすごい。(自分を肯定する言葉)
花を見て、綺麗って思える。  私って、素敵。感度がいい。
車に乗れた。安全運転で帰れた。  私ってしっかりしてる。
 
何気ない日常で起きたことに対して、自分を肯定する言葉を最後に言います。
他人との比較ではなく、人には褒めてもらえないような事でも、ほめる。
この言葉がフォトン(光)に乗り、体中から、そのエネルギーを発信します。
 
 
 

f:id:megumimtan:20180328022426j:plain

 
 
 
 
この量子力学アインシュタイン相対性理論は相反するものだと言われていますが、ホーキング博士がその統合を研究されていました。
 
 
 
 
しかし、アインシュタインは、すでに統合していたようです。
 
  
 
1980年代の末、天才アインシュタインの娘、リーゼルは父から彼女に宛てられた1400通の手紙を「父の死後20年間は内容を公開しない」という指示を添えて、ヘブライ大学に寄付しました。
 
 
その内の1通をご紹介します。
 
 
 
「私が相対性理論を提案した時、ごくわずかの人しか私を理解できなかったが、私が人類に伝えるために、今、明かそうとしているものも、世界中の誤解と偏見にぶつかるだろう。
 
何年でも何十年でも、私が、下に説明することを、世界が受け容れられるほど、進歩するまで、お前にこの手紙を守ってもらいたい。
 
 
現段階では、科学が、その正式な説明を発見していない。
 
【ある極めて強力な力】がある。
 
それは、他の全てを含み、かつ支配する力であり、宇宙で作用している、どんな現象の背後にも存在し、しかも私たちによってまだとくていされていない。
 
 
 
 
この宇宙的な力は、
 
 
 
【愛】だ。
 
 
 
科学者が宇宙の統一理論を予期したとき、彼らはこの最も強力な見知らぬ力を忘れた。
 
 
 
愛は力だ。
 
なぜならそれは、私たちが持つ、最善なものを増殖させ、人類が盲目の身勝手さの中で、絶滅するのを許さないからだ。
 
 
 
愛は展開し開示する。
 
愛のために私たちは生き、また、死ぬ。
 
愛は神であり、神は愛だ。
 
 
 
 
この力はあらゆるものを説明し、 生命に意味を与える。
これこそが、私たちがあまりにも長く、無視してきた変数だ。
 
 
 
 
それは恐らく、愛こそが
 
『意志で駆動すること』である、宇宙の中の唯一のエネルギーであるため、私たちが愛を恐れているからだろう。
 
 
 
愛が目に見えるようにするため、私は自分の最も有名な方程式で、単純な代用品を作った。
 
『E=mc2』の代わりに私たちは、次の事を承認する。
 
 
 
 
『世界を癒すエネルギーは
 
【光速の2乗で増殖する愛】によって、
 
獲得することができ、愛には限界がないため、
 
愛こそが存在する最大の力である、という結論に至った。』と。
 
 
 
 
 
もし、私たちが、自分たちの種の存続を望むなら、もし、私たちが生命の意味を発見するつもりなら、もし、私たちが、この世界と、そこに居住するすべての近く存在を救いたいのなら、【愛】こそが、唯一のその答えだ。
 
 
 
恐らく私たちにはまだ、この惑星を荒廃させる憎しみと、身勝手さと、貪欲を完全に破壊できる強力な装置、【愛の爆弾】を作る準備は、できていない。
 
 
 
しかし、それぞれの個人は、自分のなかに小さな、しかし強力な
 
【愛の発電機】を持っており、
 
そのエネルギーは解放されるのを待っている。
 
 
 
 
私たちが、この宇宙的エネルギーを与え、かつ、受け取ることを学ぶとき、愛しいリーゼルよ、
 
 
私たちは、愛がすべてに打ち勝ち、愛には、『何もかも、すべてを超越する能力がある』ことを、確信しているだろう。
 
 
なぜなら、
 
 
 
 
 
愛こそが、
 
 
『生命の神髄』(クイントエッセンス)
 
 
だからだ。
 
 
 
 
 
私は自分のハートの中にあるものを、表現できなかったことを、深く悔やんでおり、それが、私の全人生を静かに打ちのめしてきた。
 
恐らく、謝罪するには遅すぎるが、時間は相対的なのだから、私がお前を愛しており、お前のお陰で、私が究極の答えに到達したことを、お前に告げる必要があるのだ」。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「愛こそが存在する最大の力である。」
 
これを、相対性理論よりも、 アインシュタインは言いたかったのであろう。
迫害されている身のユダヤ人であり、第1次、2次世界大戦時だったので、信じてもらえないと思ったのでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
めぐみより、
 
「希望は実現する」、とか、「思考は現実化する」とか、「祈りは聞き届けられる」とか、実例をあげて言われていますが、それが量子力学で解明されたんです。
 
 
量子力学でほぼ説明できるものに、「引き寄せの法則」というものがあります。
大まかに言うと、「引き寄せの法則」とは、思いによって願いを引き寄せる、といったところです。
成功者はこれを知っているか否かに関わらず、このような思考をしている人が多いです。
 
 
 
引き寄せの法則」は多くの書籍が出ています。
ですから、色んなやり方があります。
 
 
私が取り組んでいた、「ザ・シークレット」ロンダ・バーン著、のやり方を大まかに書きますね。
プチ奇跡が続出しましたよ。
 
 
1. 願いを掲げて、宇宙にお願いする。(肯定文、まだ叶っていなくても、叶ったとして過去形か現在形)
 
2. すでに、手に入れたと信じる。(空想の中で)
 
3. 叶ったと思って、あるいは叶ったとして、その時の感情を出す。イメージを描く。
 
 
この、ザ・シークレットのやり方は、宇宙にお願いするというものです。
宇宙は、善悪の判断も、倫理もわからないので、自分を律しなければいけません。
 
しかし、量子力学から言うと、悪の力は現実化する力が、弱いみたいですね。
 
 
 
 
 
しかし、ここには落とし穴があると思います。
引き寄せの法則」をマスターしている人に言わせると、想念だけで、努力はしなくていい、とのことですが、それは違うと思います。(上村浩晶=チャンカミ、動画あり)
でも、チャンカミの動画は引き寄せのやり方が詳しく説明してあるので、一見の価値はあると思います。
 
 
 
 
アインシュタインは、愛には、「何もかも、すべてを超越する能力がある」と言われていますが、愛を持っていても、それだけでは無理だと思います。
やはり、思いだけではなく、真実の愛は、知恵を含んだ、言動が伴うものだと思うからです。
 
愛をなす時に、知恵や悟り、スキル、正しい信条などを持たなければ、人を幸せにできないだけではなく、ありがた迷惑になったり、不幸にしてしまうと思うのです。
 
だから、魂の向上が、人間性の向上が、知恵の習得が、経験が(失敗の経験も含め、苦悩の経験も含め)大切だと思います。
 
これは、願いを叶えるためにする、というだけではありませんよね。
アインシュタインが「愛こそ生命の神髄」と言っているように、「愛」を高め、深め、慈愛をつけるためのものだと思います。
このように、努力精進し、魂が向上すればするほど、幸福の創造、現実化が強く大きくなるのではないかと思います。
 
 
 
善念は悪念よりも強いと実証されましたが、いくら善念を出していても、悪念を持っている人が多ければ危ないと思います。
中国に虐殺されている、仏教国のチベットのように。
 
軍事力を持っていないチベットは簡単に虐殺されました。120万人です。人口の20%(行方不明者を含む)
なぶり殺しです。
今、中国共産党は、日本人の虐殺の準備を始めています。
 
 
チベットは、その後、虐殺は治まっていましたが、去年あたりから、また行われています。
僧侶による、抗議の焼身自殺が、私の知る限りで9件ありますが、殺したいチベット人が自殺しても何の意味もないと思います。
 
前回の虐殺のあと、なぜ、軍事力を持たなかったのでしょう?
お釈迦様を信じれば大丈夫という考えなのでしょうか?
 
 
チベットは政治にマインドメインになってしまっているように思います。
日本の憲法性善説で成り立っています。
 
両者とも、ここの部分偏向していて、見識が足りません。
といっても、日本の場合はパヨクたちが憲法改正の妨害をしているので、進まないのですが、改正しないと、命の保証ができなくなるというのに。
 
 
日本だけではなく、国民を守る知恵や戦略が必要ですし、軍事力、経済力、反日勢力を論破するディベート能力、カリスマ性、徳、行動力、情熱と言ったものも必要だと思います。
 
今まで述べたものは、量子力学では得られないのではないでしょうか?
 
 
私は、祈りメインで生きる人よりも、思いメインで叶えようとする人よりも、
一生懸命努力している姿、生きざまに魅力を感じます。
 
結果ではなく、生きざまに魅力を感じます。
これは、私だけではなく、多くの人がそうなのではないでしょうか。
 
スタートはまちまちですし、ハンデがある場合もあります。
効率が悪い場合もあります。
 
優秀な人と比べたら、劣っていても、その中でどのように生きたかということを、問われるのではないでしょうか。
 
 
 
 
足が悪くてビリになるのがわかっていながら、徒競走に出場した、小学生のじゅん君のことを書いた記事です。生き様に感動しました。
 
 
 
私は平凡な人間です。それに双極性障害なので、持てるエネルギーの60%しか使えません。
 
普通の人なら、洗濯物を干すことぐらい、ごくごく自然にできるでしょうが、私は緊張して、それを乗り越えて必死で干します。
 
結果は健康な人と同じですが、私は頑張らなければできません。
 
「レベルも能力も低いですが、もしかして、生きる姿は美しいかもしれない。
だから、これでいい。
私の事は私が評価してあげよう。」
 最近、こんな事を思っています。
 
 
でも、この状態の中で最大限光り輝いて生きていきたいんです。
1人でも多くの人を幸せにしたいんです。
何かやり方が、あるはず。
協力者も仲間も出現するかもしれない。
 
そして、今のこの状態が、誰かの役に立てるかもしれない。
 
 
 
量子力学も心に留め、「引き寄せの法則」をやりながら、やはり、努力精進の道、人間性の向上の道を歩みたいです。
 
 
 
 
やっぱり、全てをかけて、愛に生きたい。