テンのめぐみ

笑い・双極性障害・ガンを約3か月で治す・受験に勝つ心作り・心の子育て・幸せ・セラピー・世界情勢・スピリチュアル、まだまだありますが、笑顔になってほしいから書いてるブログ

笑い・双極性障害・ガンを約3か月で治す・受験に勝つ心作り・心の子育て・幸せ・セラピー・世界情勢・スピリチュアル、
まだまだありますが、笑顔になってほしいから書いてるブログ

中野ブロードウェイ・・・ソフトクリームについている紙は食べれない

 

 

f:id:megumimtan:20180130164441j:plain

 

 

 

2018.01.30

 

 

親子3人で中野ブロードウェイに行ってきました。

初めて行くので、子供たちと離れないようにしなければと思いました。

 

 

なんせ、超ド級の方向音痴だからです。

 

megumimtan.hatenablog.com

 

 

megumimtan.hatenablog.com

 

 

 

だから、必死に息子の後ろついて行ったのです。
 
 
 
駅から少し行くと、なぜか背後から息子と娘の笑い声が聞こえました。
 
振り返ると、駅の近くの旅行のパンフレットを見ていました。
 
 
 
 
(ほんなら、誰について行ってたんだ!)
 
と思って見てみると、息子とは似ても似つかぬ、オヤジでした。
 
 
 
 
 
 
やっべ~!
 
変なとこ行くところやった!!!
 
 
 
 
 
 
 

f:id:megumimtan:20180130165331j:plain

 
 
 
 
ランチパスポートを使い、私と娘はタコライスのお店へ。
 
息子は焼き肉のお店に行くことにしたんですが、タコライスのお店は2回くらい角を曲がらなくては行けなかったのです。
 
 
食べ終わったら、ブロードウェイの出口で待ち合わせです。
 
 
 
 
 
 
ランチパスポートなので、500円。
 
めちゃくちゃ美味しくて、食べきれない量で、満足満足!
 
 
 
 
 
半分くらい食べた時に、飲み物が運ばれてきました。
 
娘は食べ物関係の感覚がおかしいんです。
 
 
 
こんな感じです。
先日の記事です
 
 
 
 
 
 
 
紅茶についてきたお砂糖を持って、
 
 
娘「ふりかけたら違う味になって美味しいよね。
 
やってみよ~!」
 
 
 
当然タコライスに振りかけるんだと思ったら、紅茶に振りかけていました。
 
 
 
私「まともなことも、するんや~!」
 
 
 
 
 
 
 
 
食べ終えたので、待ち合わせ場所へ、
 
私は自信を持って違う道を歩いていきました。
 
 
 
 
娘「ねえ、なんか違わない?
 
来たときのお店ないよ。
 
なんで、この道歩いてるの?」
 
 
 
 
私「だって、足がこっちに向くんだもん。」
 
 
 
 
 
やっと待ち合わせ場所に着きました。
 
 
 
 
 
私「もうちょっとで、
 
待ち合わせ場所につくね。
 
ここ、ずっとまっすぐでいいんだよね?
 
 
 
 
行こ。」
 
と言って歩いて行ったら、
 
 
 
 
 
娘「行かないで。
 
ここだから。
 
見えてるでしょ。」
 
 
 
 
 
 
 

f:id:megumimtan:20180130180845j:plain

 
 
 
 
3人ともお腹いっぱいなんですが、白桃と生クリームのソフトクリームが食べたくて、Sサイズを3人で食べることにしました。
 
 
 
 
 
私が持って娘に食べさせてあげました。
 
鼻に押し付けてやったら、
 
 
 
 
 
 
嬉しそうに笑いました。
 
 
 
 
同じように息子にやろうとしたら、自分で持って食べると言いました。
 
 
 
次に私が食べたのですが、
 
私「あかん!」
 
 
 
 
息子「え?もう食べないの?」
 
 
 
 
 
 
 
私「歯にしみて食べれない。
 
 
 
 
ぬるくなったら食べるわ。」
 
 
 
 
 
娘「ぬるくならないから。」
 
 
 
 
 
 
食べきれなくて、でも捨てるのがもったいないので、最後は私が食べていました。
 
 
 
 
 
 
持つところに紙が巻いてあったので、
 
 
はがすの、めんどくさいから、
 
 
 
 
 
 
 
紙ごと食べました。
 
 
 
 
 
 
 
 
噛んでもかんでも
 
 
 
 
 
紙だけが噛み切れない。
 
 
 
 
 
 
 
 
仕方なく手に出すと、
 
 
 
 
息子「気持ちわりー!」
 
 
 
娘「なんで、紙ごと食べるの。」
 
 
 
息子「紙は、はがして食べるんだよ。」
 
 
 
娘「あ~!その紙、ポケットに入れないで。
 
汚いから、ゴミ箱に捨てて。」
 
 
 
 
 
 
私「ほんなら、これ、捨ててきて。」
 
と息子に差し出すと、
 
 
 
 
息子「きたね~!」
 
 
と逃げていきました。
 
 
 
私「あんたらのうんこ触ったんやで、
 
こんなもん大したことねー!」
 
 
 
 
 
 
その後、仕事をするためにカフェを探しました。
 
 
 
 
 
 
カフェがいくつもあったので、
 
 
息子「めぐちゃん、こっちのカフェがいい?
 
それともあっちがいい?」
 
 
 
 
 
私「私は、
 
 
アイスコーヒーがいい。」
 
 
 
 
娘「私は、ミルクティーにしようかな?」
 
 
 
息子「僕は、エスプレッソ。」
 
 
 
 
なかなかお店が決まりません。
 
 
 
 
 
 
とても、お洒落なお店に入ったのですが、椅子の片方がテーブルと同じ高さで、座りづらい。
 
私が座りづらい方に座りました。
娘と息子をまともな席に座らせました。
娘と息子は隣同士です。
 
 
 
 
しばらくして、息子が、
 
息子「めぐちゃん、
 
姉さんと代わっていいから(笑)」
 
 
 
 
子供たち2人はその言葉に笑っています。
 
 
 
 
娘「何で、めぐちゃんは、
 
笑わないの?
 
まことが、私の意志を確かめないで、
 
私の事、勝手に決めたんだよ。
 
 
 
ここ笑うところなんだけど。」
 
 
 
 
 
 
 
人の意志に関係なく、人の事を勝手に決めるのは、ありえない事だと芯から思っているので、冗談だとしか思えないのでしょう。
 
 
これが、人間としての正しい感覚だと思います。
この子たちが、その感覚を持っていてくれて、とても嬉しいと思いました。
 
 
 
私の意志に関係なく、私の事を勝手に決め、辛い思いをさせても、私の気持ちには全く関心がない…主人にそのような接し方をされてきました。儒教の考え方なのでしょうか。
 
 
家計図の上、男女は男が偉く下のものは、それにかしずくのが当たり前としていたようでした。
 
 
 
本当に上になりたければ、人間性、みんなを幸せにする能力、徳、経済力こういったものをつけて実力を作らないと、その資格はないと思います。
 
 
 
上司でもそうですが、それらが低い人の下で生きるのはストレスです。苦しみです。
 
 
 
 
これだけが原因ではありませんが、私は双極性障害躁うつ病)になってしまいました。一生完治はしません。
 
 
 
 
 
 
 
よかった、この子たちは正しい感覚を持っている。
 
 
「人の尊厳を軽視するなんてありえない」、
 
とわかっていると思い、
 
嬉しかったんです。
 
 
 
ここがずれると、相手も自分も不幸になるからです。
 
 
 
 
 
 
よかった。
 
 
 
 
 
 
とても、いい1日でした。